ナットクできる格安スマホ解説サイト『なとすま』

比較 UQモバイル マイネオ

UQモバイルとマイネオを徹底比較。どっちを選ぶのが良い?

投稿日:7月 19, 2017 更新日:

UQモバイルとマイネオはよく比較され、どっちがいいか意見が割れるところだと思います。

結論から言うとUQモバイルは通信速度を重視の人、マイネオはサービスや安さ重視の人向けになります。

と言われても、なかなか悩ましいところです。

この記事ではUQモバイルとマイネオの、サービスや特徴の細かい比較をしていきます。

どっちがいいか迷っている方は、自分はどちらが合うタイプか参考にしてくださいね。

参考
マイネオの評判は?口コミ・料金・保証、契約のしかたも完全解説

UQモバイルの口コミ評判は?料金・保証など全て解説

UQモバイルとマイネオの料金プランを比較!

UQモバイルとマイネオの料金プランは共通部分があまり多くありません。まずは両者の料金プランをチェックしてみましょう。

UQモバイルの料金と特徴

UQモバイルには『ぴったりプラン・おしゃべりプラン』と、『データ高速プラン・データ無制限プラン』の2種類があります。

ぴったりプラン・おしゃべりプラン

ぴったりプラン・おしゃべりプランは名前が違う2つのプランですが、データ量と料金は同じです。

ぴったりプラン・おしゃべりプランは何が違うかと言うと、ぴったりプランは無料通話付き、おしゃべりプランは5分かけ放題となっています。

プランS プランM プランL
料金 1年目:1,980円
2年目〜:2,980円
1年目:2,980円
2年目〜:3,980円
1年目:4,980円
2年目〜:5,980円
データ量 1〜2年目:3GB
3年目〜:2GB
1〜2年目:9GB
3年目〜:6GB
1〜2年目:21GB
3年目〜:14GB
ぴったりプラン 1〜2年目:60分
3年目〜:30分
1〜2年目:120分
3年目〜:60分
1〜2年目:180分
3年目〜:120分
おしゃべりプラン
5分かけ放題

5分かけ放題か、まとまった無料通話か選べるわけです。

ぴったりプラン・おしゃべりプランのいいところと注意点をまとめました。

無料通話付きなので安心
スマホやiPhoneを買うと、値引きがある
家族割にすればさらに毎月500円引き
2年の自動更新がある
2年目から料金が上がる

ぴったりプラン・おしゃべりプランは2年更新で、自動更新があります。

2年に一回更新月が来て、その更新月以外に解約や乗り換えをしてしまうと、9500円の解除料がかかります。

ドコモ・au・SoftBankでは2年更新はおなじみですね。

また、ぴったりプラン・おしゃべりプランは最初の1年はキャンペーンで1000円値引きされるので、2年目以降は1000円高くなります。

いきなり料金が高くなって驚かないように注意しましょう。

データ高速プラン・データ無制限プラン

データ高速プラン・データ無制限プランは、先ほどのぴったりプラン・おしゃべりプランと違い、シンプルでわかりやすいプランです。

データ高速プラン・データ無制限プランはデータ専用SIMも選べます。

他社から乗り換えや、携帯電話として普通に電話をしたい人は、「通話付きSIM」の料金を見てください。

データのみ 通話付きSIM
データ高速プラン(3GB) 980円 1,680円
データ無制限プラン(500kbps) 1,980円 2,680円

データ高速プラン・データ無制限プランのいいところと注意点はこちらです。

自動更新がない
データ専用SIMも選べる
ぴったり・おしゃべりより安い
3GBか、無制限しかない
通話料が含まれないため、通話の使いすぎに注意

データ高速プラン・データ無制限プランはぴったりプラン・おしゃべりプランのような、2年の自動更新がありません。

通話付きの場合1年ほど使えば後は解除料はかからず、データ専用であれば契約して1ヶ月経てばいつ解約しても解除料はかかりません。

気軽に安く使いたい人向けのプランになっています。

データ高速プラン・データ無制限プランの注意点として、無料通話がないので、通話が多いと30秒20円の料金がかかってしまいます。

通話を良くする人は、ぴったりプラン・おしゃべりプランの方が良いです。

UQモバイル マイネオ
データ高速プラン・データ無制限プランでも通話を安くする方法はないの?
UQモバイル マイネオ
そんな時は、楽天でんわを使うといいぞ!
アプリをダウンロードして登録すれば、通話料は国内なら30秒10円で半額だ!
UQモバイル マイネオ
え?楽天でんわって、楽天モバイル以外で使えるのかしら?

データ高速プラン・データ無制限プランにしたいけど通話もしたいという方は、楽天でんわがなら通話料が半額です。

楽天でんわは他社でもつかえるので、UQモバイルでも使えるのです。

通話料は半額の30秒10円と、普通に電話をかける半額で電話ができて、通話品質はほぼ変わりません。

UQモバイルのデータ高速プラン・データ無制限プランで通話をするのなら、楽天でんわをインストールして使うことがおすすめです。

マイネオの料金と特徴

マイネオはドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線に対応していて、それぞれ料金が違います。

例えばソフトバンクのスマホやiPhoneをマイネオで使いたい場合は、ソフトバンクのプランを選べば端末を持ち込んで使うことができるわけです。
(一部対応していない端末、SIMロック解除料が必要な場合があります。)

他社から乗り換えや、携帯電話として普通に電話をしたい人は、「音声通話SIM」の料金を見てください。

ドコモ回線(Dプラン)

データ容量 データSIM 音声通話SIM
500MB 700円 1,400円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

au回線(Aプラン)

データ容量 SMS対応SIM 音声通話SIM
500MB 700円 1,310円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

ソフトバンク回線(Sプラン)

データ容量 データSIM 音声通話SIM
500MB 790円 1,750円
3GB 990円 1,950円
6GB 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB 4,070円 5,030円
30GB 5,990円 6,950円

マイネオの料金プランの特徴

マイネオの料金プランのいいところと注意点はこちらです。

自動更新がない
データ専用SIMも選べる
プランがたくさんある
通話料が含まれないため、通話の使いすぎに注意

マイネオはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線すべて、500MB~30GBまで幅広くそろっていることが特徴です。

ちょっとだけ使いたい人も、たくさん使いたいにも適しています。

大手携帯電話会社のような2年の自動更新はなく、通話付きの場合1年ほど使えば後は解除料はかかりません。

データ専用の場合は契約して1ヶ月経てばいつ解約しても解除料は必要ありません。

マイネオの料金プランの注意点として、無料通話が含まれないため、通話をしすぎると高くなってしまいます。

UQモバイル マイネオ
マイネオは電話代の割引はないのかしら?
UQモバイル マイネオ
もちろんある!
マイネオでんわなら、先ほどの楽天でんわ同様通話料は半額の30秒10円だ!

マイネオを使う人なら誰でも、マイネオでんわという電話のアプリを使うことができます。

マイネオでんわはIP電話やLINE通話とは違い、電話用の回線を使うので通話の品質は落ちません。電話をかけた相手に通知も普通の電話と同じようにされます。

電話帳の移し替えもワンタッチで簡単にできます。

UQモバイル マイネオ
じゃあ、電話をかける時はこのマイネオ電話を使えばいいってことね!
UQモバイル マイネオ
そういうことだ!マイネオに申し込んだらすぐにダウンロードしておこう!

UQモバイルとマイネオの特徴を比較

UQモバイル マイネオ
系統 au系 ドコモ・au・ソフトバンク
通信速度 速い 不安定な時がある
プランの多さ 少ない 多い
料金の安さ 格安SIMに比べると高い 安い
店舗数 多い 少ない
メールアドレス 200円(信頼度が高い) 無料(信頼度が低い)
端末持ち込み au端末なら可能 ドコモ・au・ソフトバンク端末で可能
口座振替 可能(ネット申し込みならMNPのみ可能) eo光ネット会員なら可能
低速時の速度 300Kbps(ぴったりプラン・おしゃべりプラン) 200Kbps
翌月繰越 あり あり
2年縛り あり(ぴったりプラン・おしゃべりプラン) 無し
フィルタリング 無料 350円
その他の特徴 ・学割がある
・キャッシュバック額が多い
・マイネオユーザーのコミュニティサイトや毎月抽選など、独自サポートが手厚く楽しい
・ユーザー同士でパケットを分け合える
・Huluやクラウドストレージなど、オプションが豊富

マイネオとuqモバイルはそれぞれいいところがあって、対照的だとも言えます。

次に目的別でUQモバイルとマイネオの比較をしてみました。

  • 持っている端末を持ち込めるのはどっち?
  • メールが使えるのはどっち?
  • 2年縛りがあるのはどっち?
  • 口座支払いができるのはどっち?
  • スマホやiPhoneが安いのはどっち?
  • キャンペーンがお得なのはどっち?

持っている端末を持ち込めるのはどっち?

UQモバイルもマイネオも、今お使いのドコモ・au・ソフトバンクのスマホやiPhoneを持ち込んで使うことができます。

持ち込めるスマホやiPhoneの種類は以下のとおりです。

会社 UQモバイル マイネオ
持ち込める
端末
auのスマホ・iPhone
ドコモ・ソフトバンクのiPhone6s以降
(SIMロック解除が必要)
ドコモ・au・ソフトバンクの
スマホやiPhone

UQモバイルはauの子会社の格安SIMなので、auの端末なら持ち込むことができます。

でもiPhoneは例外で、ドコモ・ソフトバンクのiPhone6s以降なら、SIMロック解除をすれば使うことができます。

iPhone6s以降

iPhoneXs
iPhone X
iPhone 8
iPhone8 Plus
iPhone 7
iPhone 7Plus
iPhone SE
iPhone6s
iPhone 6sPlus

マイネオはドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線に対応しているため、ドコモ・au・ソフトバンクの端末を使うことができます。

UQモバイルもマイネオも、昔のスマホやiPhoneなど一部の端末は使えない場合があります。

また、同じ系統でもSIMロック解除をしないと使えない端末もあるので、乗り換え前にSIMロック解除をすることをおすすめします。

SIMロック解除って何?っと思った方は、こちらをご覧ください。

⇒ドコモのSIMロック解除

⇒auのSIMロック解除

⇒ソフトバンクのSIMロック解除

メールが使えるのはどっち?

UQモバイルもマイネオも、メールアドレスはあるので使うことができます。

UQモバイルとマイネオのメールは次のようになっています。

UQモバイル マイネオ
アドレス ★★★@uqmobile.jp ●●●@mineo.jp
料金 200円 無料
優先度 高い 低い

マイネオは月額200円かかりますが、信頼度が高いです。

信頼度とは送った先のシステムがそのメールを信頼するかどうかということで、優先度が低いとフリーメールと同じ扱いになります。

フリーメールと同じ扱いのメールだとどうなるかというと、迷惑メールと判断される可能性が高くなります。

特にドコモ・au・ソフトバンクのアドレスに送るときは、フリーメールは迷惑メールになる設定が最初からされているので届かないことが多いです。

その点UQモバイルは信頼性が高いと判断されて、ドコモ・au・ソフトバンクにも届きます。

携帯電話の相手とやり取りをするのなら、UQモバイルがおすすめです。

マイネオは申し込めば標準でメアドが一つもらえるのですが、マイネオならGmailなどのフリーメールを使うのもよいと思います。

2年縛りがあるのはどっち?

大手携帯電話会社でなじみのある2年更新は、2年に1回の更新月以外に解約や乗り換えをすれば高額の解除料がかかるため、別名「2年縛り」とも呼ばれているようです。

マイネオとUQモバイルで2年縛りがあるのはこちらのプランです。

会社 UQモバイル マイネオ
縛りがあるか ぴったりプラン・おしゃべりプラン→あり

データ高速プラン・データ無制限プラン→なし

なし

マイネオは通話SIMなら1年間の最低利用期間があります。

最低利用期間というのは『最低で1年は使ってね』というもので、1年を過ぎたら解約や乗り換えをしても解除料はかかりません。

1年以内に解約や乗り換えをすれば9500円の解除料がかかります。

UQモバイルのぴったりプラン・おしゃべりプランは2年の自動更新のため、2年縛りがあります。

2年縛りに苦労したくない人は、マイネオか、UQモバイルのデータ高速プラン・データ無制限プランがおすすめです。

口座支払いができるのはどっち?

口座支払いは両者とも対応していますが、UQモバイルの方が口座振替に設定しやすいです。

会社 UQモバイル マイネオ
口座振替 可能
(ネット申し込みならMNPのみ可能)
eoネット会員なら可能

UQモバイルは店舗から申し込みなら、新規申し込みもMNP乗り換えも口座で支払いができます。

ネットから申し込みなら、MNP乗り換えの人のみ口座設定が可能となっています。新規申し込みの人は最初クレジットカードで登録して、登録後UQモバイルに電話して、郵送で口座を設定できます。

マイネオはeo光ネットという光回線サービスを使っている人は、マイネオの支払いも合わせて口座に設定できます。

eo光は関西地方の一部のエリアのみの提供になっているので、エリア外の人はクレジットカードが必要です。

UQモバイル マイネオ
関西地方の人はラッキーってことだね!

スマホやiPhoneが安いのはどっち?

マイネオもUQモバイルも、スマホやiPhoneを購入して契約することができます。

スマホやiPhoneを買うのなら、UQモバイルの方が安いです。

UQモバイルでぴったりプラン・おしゃべりプランにすれば、スマホやiPhoneを買うと、マンスリー割として基本料金から値引きをしてもらえます。

例えばiPhone6sの32GBなら、端末代は月に2,484円ですがマンスリー割で2,052円基本料金を値引きされるので、実質の支払いは432円で済みます。(2018年12月現在)

マンスリー割の金額は買う端末により違うのですが、発売して日数が経っている端末ほどマンスリー割の金額は増える傾向にあります。またマンスリー割は一括払いでも適用されます。

UQ mineo
マンスリー割があるのはぴったりプラン・おしゃべりプランだけだ。データ高速プラン・データ無制限プランはマンスリー割はないから注意してくれ!

マイネオは端末を購入しても月々値引きはないため、端末代は直接基本料金に加算されます。

スマホやiPhoneを買って乗り換えたい人は、UQモバイルがおすすめです。

キャンペーンがお得なのはどっち?

携帯の乗り換えは諸経費がかかりますし、キャッシュバックなどのキャンペーンがあると助かりますね。

UQモバイルはキャッシュバックキャンペーンをほぼ常に開催していて、キャンペーンがお得なのはUQモバイルです。

UQモバイルの正規代理店からの申込みなら、最大13000円のキャッシュバックがもらえます。

UQモバイルの現在開催中のその他キャンペーンはこちらにまとめたので、チェックしてみてください。

⇒UQモバイルのキャンペーンと特典全部まとめ

mineoはキャンペーンはありますが、今までから見るとキャッシュバックは少なめです。

基本料金が安くなるキャンペーンが期間限定で始まったりするので、そのタイミングを狙うとお得に乗り換えられます。

mineoのキャンペーンはこちらです。

⇒マイネオのキャンペーンと特典全部まとめ

UQモバイルはこんな人におすすめ

UQモバイルの特徴から、おすすめだと思う人を考えました。

  • お昼時にWi-Fi無しで使うことが多い
  • スマホやiPhoneを安く買いたい
  • 電話が多い
  • 口座で支払いたい
  • 携帯電話のアドレスにメールすることが多い
  • キャッシュバックは多いほうがいい

格安SIMは速度が遅いと言われていますが、特に遅いと感じるのは昼の12時から13時で、それ以外は普通なことがほとんどです。

なのでお昼時にWi-Fiがないところでネットサーフィンや動画の閲覧をたくさんしたい人は、UQモバイルの方が良いです。

UQモバイルならお昼時でも回線速度が落ちたと感じることがほぼありません。ドコモ・au・ソフトバンクのような体感速度で基本料はドコモ・au・ソフトバンクより安いので、そう考えると良い選択だと思います。

またUQモバイルは口座で支払える、信頼度の高いメアドが使えるなどのメリットが多いです。

通信品質や信頼性、スマホやiPhoneを安く買って乗り換えたい人は、UQモバイルがおすすめです。

⇒UQモバイルの公式サイトはこちらです。

マイネオはこんな人におすすめ

次にmineoの特徴から、mineoがおすすめだと思う人を考えました。

  • 月の料金は抑えられる限り抑えたい
  • 2年縛りはこりごり
  • Wi-Fiを使うことが多い
  • 持っている端末を持ち込んで使いたい
  • 電話はそんなにしない
  • サービスやサポートは手厚く楽しいほうがいい

UQモバイルはau系なのでauの端末しか持ち込めませんでしたが、マイネオは3回線に対応なのでドコモ・ソフトバンクの端末の持ち込んで使うことができます。

速度が不安定だと言われていますが、普段Wi-Fiが使える人は格安SIMの速度が落ちたところで関係ありません。

またマイネオはユーザー同士の意見交換などできるコミュニティサイトや、王国コインで毎月抽選に応募できたりと、楽しいイベントが多いのも特徴です。

マイネオの他社にないサービスは、ユーザー同士でパケットを分け合えるフリータンクです。

使う月と使わない月の差が激しい人は、使わない月にタンク入れておき、たくさん使う月に無料で引き出して使えるので、追加でパケットを買う必要がありません。

携帯電話で一番やっかいな2年縛りもありませんし、安くて自由度の高い会社を選ぶならマイネオがおすすめです。

⇒マイネオの公式サイトはこちらです。

 

UQモバイルとマイネオの比較まとめ

UQモバイルとマイネオはどちらがいいかは、使う人の目的で変わります。

速度は大事ですが、お昼時にWi-Fiを使えるのならそこまで気にしなくても良いです。

どうしても迷ってしまうという方は、とりあえず2年の自動更新がないマイネオにしておいて、やはり速度が気になれば1年後にUQモバイルにMNPする方法もアリだと思います。

格安SIMにすれば携帯代が半額から3分の1になるので、今まではなんだったの!?とびっくりする人が多いです。

ぜひ格安SIMを使ってみてくださいね。

マイネオの評判は?口コミ・料金・保証、契約のしかたも完全解説

UQモバイルの口コミ評判は?料金・保証など全て解説

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-比較, UQモバイル, マイネオ

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.