ナットクできる格安スマホ解説サイト『なとすま』

端末

【2019春】3万円以内の安い格安スマホ・SIMフリーおすすめ端末

投稿日:2月 4, 2019 更新日:

格安SIMへの乗り換えにあたって新しいスマートフォンを購入する際、できる限りスマートフォンの購入代金は抑えたいところですね。

とはいえ、安いだけでなく性能も妥協したくはありません。

この記事では100円〜3万円で買えて性能も落とさない、おすすめの格安スマホ端末を6種類紹介します。

それぞれ機能や性能が異なるので、自分の使い方に合った機種を探してみてください。

カメラと本体の性能重視ならP20 lite

カメラ性能と本体性能の両方が一番充実しているのは、P20 liteです。

P20 liteは基本的に2万円台後半、格安スマホ会社によっては3万円を超えてしまうケースもあります。

しかしワイモバイルやUQモバイルなら、月額割引により2年契約を前提として実質1万円代前半から使えます。

P20 liteのスペックは、以下の表よりご覧ください。

OS Android 8.0
CPU Kirin659
メモリ 4GB
ストレージ容量 32GB
画面 5.84インチ、2,280×1,080
カメラ アウトカメラ:1,600万画素+200万画素

インカメラ:1,600万画素

重さ 145g
おサイフケータイ ×
防水 ×
ジャイロセンサー
指紋認証

P20 liteの主な特徴

大画面ディスプレイ
デュアルレンズで背景ボケのあるきれいな写真を撮影
本体スペックが比較的高い
防水やおサイフケータイなし
CPUがファーウェイ独自のものなので、一部ゲームアプリなどは動作が重いことも

ダブルレンズ搭載できれいな写真を撮影できる

P20 liteはダブルレンズを搭載していて、背景ボケのある綺麗な写真を撮影できるメリットがあります。

購入価格を抑えつつ、綺麗な写真も撮影したい場合は、P20 liteを選んでおけば不満は生じづらいでしょう。

綺麗な写真が撮れるのはアウトカメラだけでなく、自撮りに使うインカメラも同様です。

1,600万画素の高い画素数に加えて自動で光と影を調節し、綺麗な自撮り写真を撮影できます。

メモリやCPUなどの性能が高めで、快適に動作する

P20 liteは、各種性能が高めに設定されています。

特にメモリとCPUの性能が高めで、たくさんアプリを起動するなどしても動作はサクサク、ストレスが溜まるもたつきなどは生じづらくなっています。

ただしおサイフケータイや防水は搭載されていないので、おサイフケータイを使いたい人は、この次のAQUOS sense2 SH-M08がおすすめです。

安い順 売っている格安SIM 一括価格(税別)
1位 UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン契約で12,100円(定価29,000円)
2位 ワイモバイル 月額割引で12,500円(定価29,800円)
3位 IIJmio 27,800円(2/20まで音声SIMセット新規契約で5,000円分のギフト券還元)
4位 マイネオ 29,400円
5位 楽天モバイル 31,980円
5位 DMMモバイル 31,980円
5位 LINEモバイル 31,980円

おサイフケータイ・防水付きのAQUOS sense2 SH-M08

AQUOS sense2 SH-M08は、ドコモなどのキャリアでスマートフォンの各種機能を使いこなしていた人に最適です。

ドコモやauでも購入できるAQUOS sense2は、おサイフケータイや防水といった機能が充実しています。

たくさんの格安スマホ会社でセット購入できますが、IIJmioと楽天モバイル以外では3万円をオーバーしてしまうのでご注意ください。

AQUOS sense2のスペックは、以下の通りです。

OS Android 8.1
CPU Snapdragon 450
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
画面 5.5インチ、2,160×1,080
カメラ アウトカメラ:1,200万画素

インカメラ:800万画素
重さ 155g
おサイフケータイ
防水
ジャイロセンサー
指紋認証

AQUOS sense2の主な特徴

おサイフケータイと防水に対応
AI機能搭載カメラ
最大2回のOSアップデート
性能は抑えめ
シングルレンズ

お風呂対応の防水性能とおサイフケータイ搭載

AQUOS sense2は、おサイフケータイと防水に対応しています。

おサイフケータイでできる主なことは、以下の通りです。

  • モバイルSuicaで電車やバスに乗る
  • スーパーやコンビニなどにおいて、iDやQUICPayで後払いでの支払いをしてポイントを貯める
  • イトーヨーカドーのnanaco、イオンのWAONなど、特定店舗に特化した電子マネーを活用する
  • dポイントやヨドバシカメラのポイントを、レジにスマートフォンをタッチして貯める

スマートフォンで支払いやポイントカードの提示を済ませられるので、支払い手続きの手間も時間もかかりません。

防水はお風呂での利用にも正式に対応していて、水場で安心してスマートフォンを使えます。

OSアップデートで2年以上快適に使える

AQUOS sense2は、最大2年間・最大2回のOSアップデートに対応しています。

スマートフォンの中には、OSアップデートが行われないため、時が経つにつれセキュリティ性能が低くなったり、最新OSの機能を使えなかったりする機種も少なくありません。

しかしAQUOS sense2なら最大2回はアップデートをしてもらえるので、2年以上安心して使い続けられます。

SIMフリー 3万円
AQUOS sense2 SH-M08は販売している会社によって本体カラーが違う。
楽天モバイルではレッドが売られているし、IIJmioとDMMモバイルでは格安SIM限定色のピンク色があるぞ!

安い順 売っている格安SIM 一括価格(税別)
1位 楽天モバイル 通話SIM:14,980円(3/14までキャンペーン価格)
データSIM:29,800円
2位 IIJmio 29,800円(2月20日まで5,000円分のギフト券プレゼント)
3位 DMMモバイル 32,800円
4位 LINEモバイル 34,800円

ワンセグ放送を楽しみたいならarrows M04 PREMIUM

3万円でワンセグ対応の格安スマホ端末は限られていて、arrows M04 PREMIUMは数少ない選択肢です。

arrows M04 PREMIUMはUQモバイル専売で、他社で購入できるarrows M04よりメモリとストレージ容量のスペックが高いメリットがあります。

主なスペックは、以下の表にまとめました。

OS Android 7.1
CPU Snapdragon 410
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
画面 5インチ、1,280×720
カメラ アウトカメラ:1,310万画素

インカメラ:500万画素

重さ 148g
おサイフケータイ
防水
ジャイロセンサー
指紋認証 ×

arrows M04 PREMIUMの主な特徴

おサイフケータイ、防水対応
ワンセグ視聴可能
他社モデルよりスペックアップ
CPUは古いものが使われている
UQモバイルでしか買えない

ワンセグを見られるので、テレビを見たい時も安心

arrows M04 PREMIUMは、ワンセグ視聴に対応しています。

アンテナ内蔵なので、別途外付けのケーブル型アンテナなどを用意する必要はありません。

仕事や学校が終わる時間が遅くなったり、災害に巻き込まれたりするなどして、大至急テレビを見たい場面が発生することもあるのではないでしょうか。

arrows M04 PREMIUMなら、すぐにその場でテレビを見られます。

UQモバイル専売、他社モデルよりスペックが高い特別仕様

arrows M04 PREMIUMは、他社で販売されているarrows M04よりもメモリとストレージ容量のスペックが高くなっています。

arrows M04 PREMIUM arrows M04
メモリ 3GB 2GB
ストレージ容量 32GB 16GB

メモリ容量の増量で動作がより快適になり、ストレージ容量の増量で保存できる写真やアプリ、動画などのデータも多くなりました。

これから新しく購入するなら、arrows M04よりも高性能ながら実質100円で購入できるUQモバイルのarrows M04 PREMIUMがおすすめです。

安い順 売っている格安SIM 一括価格(税別)
1位 UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン契約で実質100円(定価29,000円)

 
⇒UQモバイルでarrows M04 PREMIUMはこちらから見られます。

 

夜間撮影や2枚のSIMカードの活用をしたいならZenfone Live (L1)

16,800円(税別)から購入可能なZenfone Live(L1)は、価格の安さに対してカメラ性能が高かったり、2枚のSIMカードを同時運用できたりなどのメリットがあります。

主なスペックは、以下にまとめた通りです。

OS Android 8.0
CPU Snapdragon 430
メモリ 2GB
ストレージ容量 32GB
画面 5.5インチ、1,440×720
カメラ アウトカメラ:1,300万画素

インカメラ:500万画素

重さ 140g
おサイフケータイ ×
防水 ×
ジャイロセンサー
指紋認証

Zenfone Live(L1)の主な特徴

トリプルスロットで2枚のSIMとmicroSDカードを同時に使える
夜間撮影に強いカメラ
小型軽量ながら縦長の大画面
性能が低め
おサイフケータイ・防水なし

2枚のSIMカードとmicroSDカードを使えるトリプルスロット端末

Zenfone Live(L1)は、2枚のSIMカードを同時に入れて着信を待ち受けられます。

2枚のSIMカードを同時に使える「デュアルSIM」対応のスマートフォンは、他の機種の場合microSDカードと片方のSIMカードを入れるスペースが共有されていて、2枚のSIMカード+microSDカードを同時に使えないものもたくさんあります。

しかしZenfone Live(L1)なら、2枚のSIMカード+microSDカードの3枚同時利用が可能です。

  • 仕事とプライベートの電話番号を1つのスマホで使い分けたい
  • 山や海など様々な場所へ出かけることが多く、片方の回線が圏外になった時にもう片方で対応したい

以上のような理由から2枚のSIMカードを使いたいと考えていて、さらに音楽や動画、写真などのデータをmicroSDカードにたくさん入れて持ち歩きたい方には、Zenfone Live(L1)が最適でしょう。

夜間撮影に対応するカメラ性能が充実!

Zenfone Live(L1)は、夜間でも写真を明るい状態で撮影できる調整がなされているスマートフォンです。

1万円台で買える安価な端末なので、もちろんiPhoneや高額なAndroidスマートフォンと比べてはいけません。

しかし、安価ながら暗い場所でもある程度綺麗に写真を撮影できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

安い順 売っている格安SIM 一括価格(税別)
1位 IIJmio 16,800円(2/20まで音声SIMセットで3000円ギフト券)
2位 マイネオ 16,800円
3位 DMMモバイル 16,800円
2位 LINEモバイル 17,800円

バッテリー持ち重視ならZenfone Max(M1)

バッテリー持ちの良さを重視する方に最適なのは、Zenfone Max(M1)です。

Zenfone Max(M1)のスペックは、以下の表よりご覧ください。

OS Android 8.0
CPU Snapdragon 430
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
画面 5.5インチ、1,440×720
カメラ アウトカメラ:1,300万画素+800万画素

インカメラ:800万画素
重さ 150g
おサイフケータイ ×
防水 ×
ジャイロセンサー
指紋認証

Zenfone Max M1の主な特徴

バッテリーが大容量の4,000mAh
本体重量が150gで比較的軽い
縦長大画面
おサイフケータイや防水なし
各種性能は抑えめ

150gと軽量ながら、バッテリー容量が大きい

Zenfone Max(M1)は、バッテリー容量がとても大きい4,000mAhです。

2,000〜3,000mAh程度の機種が多い中4,000mAhもの大容量なので、電池持ちが良いため長時間使い続けられるのが魅力です。

連続待受は最大38日間、ネットサーフィンは23.6時間ほど続けられると公式に謳われています。

仮に仕様の半分しか持たないとしても連続待受は19日、ネットサーフィンは11時間以上できることになるので、バッテリー持ちは十分と考えられるでしょう。

SIMフリー 安い
大容量のバッテリーってことは、本体がとても重たいんじゃないかしら?

SIMフリー 安い
そう思うだろう!?しかしZenfone Max(M1)は、わずか150gしかないのだ!!

もちろんスペックや搭載されている機能なども異なってはいますが、例えばバッテリー容量が3,300mAhのZenfone 5は165g、3,400mAhのP20も165gあります。

大容量バッテリーを搭載していながらも本体重量が軽いのは、Zenfone Max(M1)を選ぶ決め手の一つとなるでしょう。

縦長大画面なので、大きすぎないため持ち運びに優れている

Zenfone Max(M1)は、縦長の5.5インチ画面を採用しています。

5インチサイズのコンパクトなスマートフォンでありながらも大画面なので、持ち運びやすさと大画面による動画や写真を見た時の満足度の高さが両立されています。

カメラ部分だけがくりぬかれた形状である「ノッチ」デザインが苦手な方も、Zenfone Max(M1)なら上下が平坦になっているので満足できるでしょう。

安い順 売っている格安SIM 一括価格(税別)
1位 マイネオ 19,800円
2位 IIJmio 21,800円(スマホ大特価キャンペーンにより、音声SIMセット契約で3,000円ギフト券還元)
3位 DMMモバイル 22,800円

とにかく安く一括購入したいならMoto E5

Moto E5はどこで購入しても2万円未満、最安では15,000円(税別)で入手可能な安さが魅力です。

子供の連絡用に持たせるなどの理由から、とにかく安いスマートフォンを手に入れたい方は、Moto E5を選ぶのが良いでしょう。

主なスペックは、以下にまとめた通りです。

OS Android 8.0
CPU Snapdragon 425
メモリ 2GB
ストレージ容量 16GB
画面 5.7インチ、1,440×720
カメラ アウトカメラ:1,300万画素

インカメラ:500万画素
重さ 173g
おサイフケータイ ×
防水 ×
ジャイロセンサー
指紋認証

Moto E5の主な特徴

価格が安い
デュアルSIM対応
5.7インチ大画面
性能が抑えめ
おサイフケータイや防水に非対応

わずか15,000円から購入可能

Moto E5は、DMMモバイルにおいて15,000円(税別)で販売されています。

他社でもIIJmioでキャンペーンを利用して実質13,800円程度で購入できるなど、出費を抑えて手に入れられるのが魅力です。

ただし性能は2015〜2016年くらいの古い基準となっているため、快適にスマートフォンを使いこなしたい方は他の機種を選んだ方が満足度は高くなることにご注意ください。

5.7インチで画面サイズが大きめ

Moto E5は、画面サイズが5.7インチと大きめです。

2018年以降、縦長大画面のスマートフォンが増えてきていますが、Moto E5も同様に縦長の大画面が採用されています。

大きな画面で動画再生や写真閲覧、ネットサーフィンなどを楽しみたい方は、Moto E5を検討しましょう。

安い順 売っている格安SIM 一括価格(税別)
1位 DMMモバイル 15,000円
2位 IIJmio 16,800円(2月20日まで、音声SIM契約で3,000円分ギフト券プレゼント)
3位 LINEモバイル 18,800円

まとめ

3万円以内で買えるのに性能も妥協しない、おすすめ端末を紹介しました。

それぞれ販売先によって価格が異なるので、安さを徹底的に求める方は購入する格安SIM選びにも気をつけましょう。

同じ端末でも1万円以上価格が違うこともあります。

特にキャンペーンはしっかりチェックして、ほしい端末が一番安い会社はどこかよく比べてみてくださいね。

格安スマホ・SIMフリーおすすめ端末比較まとめ

スマホのスペックや用語の意味を解説!【os・CPU・メモリ等】

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-端末

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.