楽天モバイル

【2017年秋】楽天モバイルで現在販売されている端末を比較!

投稿日:4月 18, 2017 更新日:

楽天モバイル端末比較の最新版はこちら!

⇒【2018年夏】楽天モバイルで現在販売中のおすすめ端末5選!

SIMフリーの格安スマホにはたくさんの種類があるので、どれを購入するべきか迷ってしまいますよね。

特に格安スマホ販売会社の大手である楽天モバイルでは、セット購入できる端末の種類が豊富なので一体どれを選ぶべきか悩んでしまうでしょう。

楽天モバイルでは多くの人が使いやすいコスパ重視の端末から一部分の性能に特化したマニア向けの端末まで、幅広いラインナップが展開されています。

そこで今回は、2017年9月現在楽天モバイルで販売中のおすすめ端末を紹介します。端末を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

スペックが高めで価格も安い、コスパの高い端末を求める人にはP10 liteがおすすめ

P10 liteは2017年の春に発売された、SIMフリースマホの最新機種です。スペックは、以下の表をご覧ください。

税抜価格29,980円
8,980円(スーパーホーダイ3年契約時)
OSAndroid 7.0
CPUKirin 658
メモリ3GB
ストレージ容量32GB
画面5.2インチ、フルHD
カメラアウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素
重さ146g
バッテリー容量3,000mAh

P10 liteはCPU・メモリ・ストレージ容量の性能が高め

P10 liteは約3万円の安価な端末ですが、全体的にスペックは高めに仕上がっています。特筆すべき部分はCPU、メモリ、ストレージ容量の3点です。

CPUはKirin658がが採用されていますが、このCPUは動画や音楽、ネットサーフィンに加えてゲームアプリも快適に動く性能の高いものです。

メモリも3GBと余裕があり、高性能なCPUと合わせてP10 liteの動作はサクサクに仕上がっています。

安いスマホながら動作が快適ということで、P10 liteは満足度の高い端末です。

そしてストレージ容量について。P10 liteの前機種に当たるP9 liteやnova liteはストレージ容量が16GBと少なめで、データをあまり保存できない難点がありました。

しかしP10 liteは32GBなので、データをたっぷり保存できます。microSDカードを別に購入しなくてもOKです。

32GBをフルに使えるという前提なら、単純計算だと1曲10MBの音楽ファイルだと3200曲、1つ50MBのアプリだと640本入れられることになります。十分なボリュームですよね。

本体は高級感があり、ケース付属で本体の保護も可能

P10 liteは性能が高いだけでなく、本体の作りも高級感があります。

背面はメタリック調に輝いていて、側面もiPhone風の仕上がり。画面もフルHDで高精細、鮮やかです。

そして本体をガードできるプラスチックケースが付属しているので、別に保護ケースを購入する必要はありません。

ただし画面保護フィルムは貼られていないので、気になる場合購入する必要があります。

arrows M04はおサイフケータイや防水、ワンセグに対応していてOSも最新

2017年の夏に発売されたarrows M04。多機能さを重視する人が検討したい端末ですね。

スペックは以下の通りです。

税抜価格34,800円
14,800円(スーパーホーダイ3年契約)
OSAndroid 7.1.1
CPUSnapdragon 410
メモリ2GB
ストレージ容量16GB
画面5インチ、HD
カメラアウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素
重さ148g
バッテリー容量2,580mAh

おサイフケータイや防水、ワンセグの機能が搭載されている

arrows M04には、おサイフケータイやワンセグ、防水防塵の機能が備わっています。

キャリアのスマホではほとんどの場合これらの機能が初めから備わっていますが、SIMフリースマホの場合あまり搭載されません。

しかしarrows M04なら、問題なくモバイルSuicaやiDといった電子マネーを活用できます。

またワンセグ搭載で非常時にもテレビを見られるため安心ですし、たまたま見たい番組に間に合わない!というときもその場でテレビ番組を見られますね。

防水防塵なので、お風呂場や台所のような水場で問題なく使えることもarrows M04のメリットと言えるでしょう。

頑丈さが重視されている端末なので、アウトドア派におすすめ

arrows M04は、頑丈です。端末周囲のフレームはステンレス製で頑丈ですし、画面も硬度が高く割れにくい素材で作られています。

頑丈といっても落とした時の打ち所が悪いとどうしても壊れてしまうので注意は必要になりますが、できるだけ壊れにくい端末を持ち歩きたい人はarrows M04を選んでおくと、他の端末に比べて安心ですね。

山や川などによく行くアウトドア派の人は、頑丈なarrows M04を選んでみてはどうでしょうか。

スペックが全体的に抑えめで、動作がちょっと重いのは弱点

arrows M04には、1点だけ見逃せない弱点があります。それはスペックが抑えめで、動作がちょっと重いことです。

アプリを複数開いたり、ブラウザアプリでたくさんのサイトを同時に開いたりすると、画面が一瞬固まったりアプリが強制終了になってしまったりすることがあります。

同時にたくさんのアプリやサイトを開くなど、端末に負荷をかける使い方は苦手とするので、購入を検討している方は注意しましょう。

楽天モバイルで一番性能が高いスマホを使いたいならP10 Plus

P10 Plusは、2017年9月現在楽天モバイルで販売されている端末の中でも一番価格が高いです。そして、性能もまた一番高く仕上がっています。

主なP10 Plusのスペックは、以下の表をご覧ください。

税抜価格72,800円
52,800円(スーパーホーダイ3年契約)
OSAndroid 7.0
CPUKirin960
メモリ4GB
ストレージ容量64GB
画面5.5インチ、2K
カメラアウトカメラ:1,200万画素カラーセンサー+2,000万画素モノクロセンサー
インカメラ:800万画素
重さ165g
バッテリー容量3,750mAh

全てのスペックが高く、なんでもこなせる万能端末

P10 Plusのスペックは、日本で販売されているスマホの中でも最高クラスです。

CPUはオクタコアで処理能力が高く、高度な動画編集やゲームプレイなどもこなせます。メモリも4GBと容量が大きく、たくさんの作業を同時にこなせるパワーがありますね。

P10 Plusにはメモリを自動で最適化してくれる「HUAWEIウルトラメモリ」の機能が搭載されているので、この機能も合わせれば向かう所敵なしといったところでしょう。

ストレージ容量は64GBあるので、データもとにかくたくさん保存できます。単純計算すれば50MBのアプリなら1280本、1曲10MBの音楽データなら6400曲も本体に保存できるわけです。

バッテリーもiPhone 7の1.9倍程度ある3,750mAhで、大容量。長持ちですし、急速充電にも対応しているので、バッテリーをすぐに充電できます。

全てのスペックが高めに仕上がっているので、P10 Plusはなんでもこなせる万能端末ですね。

カメラ性能が高く、機能も豊富でインスタ映えする写真を撮れる

P10 Plusは性能が高い端末ですが、カメラ性能も高めです。2つのレンズを搭載していて、それぞれカラーセンサー、モノクロセンサーを搭載しています。

ピントを合わせた被写体の周りの背景をぼかせる「ワイドアパーチャ」機能を搭載していて、一眼レフカメラやミラーレスを彷彿とさせる写真も気軽に撮影できます。

InstagramなどのSNSに写真を投稿する機会が多いなら、P10 Plusを購入すればカメラ性能の高さに満足できるでしょう。

まとめ

楽天モバイルでは、様々な格安スマホが販売されています。

今回紹介した中で迷ったら、

・コスパ重視、予算が3万円程度ならP10 lite

・おサイフケータイやワンセグ、防水に対応した多機能さを求めるならarrows M04

・価格は高くても構わないので、性能が高い端末を使いたいならP10 Plus

今回紹介した中で迷ったら、これを参考に考えてみてください。

このほかにもまだまだたくさん、販売されているスマホがありますよ。さらに新製品も続々登場してくるので、楽天モバイルは見逃せませんね。

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-楽天モバイル

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.