スマホ端末

【動画付き】nova lite 3の詳しいスペックをレビュー。安く買う方法も解説。

投稿日:3月 22, 2019 更新日:

nova lite 3は、価格の安さ・コストパフォーマンスを重視する人におすすめの選択肢です。

おサイフケータイや防水には非対応ですが、CPU性能が高め・カメラできれいな写真を撮れるなど、総合的に充実しているスマートフォンとなっています。

今回は、nova lite 3のスペックやメリット・デメリットを解説するので、低価格で便利に使えるスマートフォンを探している方は参考にしてください。

nova lite 3の動画レビュー

nova lite 3の実際使った感じや大きさの比較など、レビュー動画をYou Tubeで公開しております。

記事とか写真じゃわかりづらい人は、ぜひご覧くださいね。

nova lite 3のスペック

nova lite 3は、ファーウェイが2019年2月に発売したSIMフリースマートフォンです。

カメラ性能やスペックに対して、本体価格が安いコストパフォーマンスの高さが魅力となっています。

nova lite 3の主なスペックは、以下にまとめたとおりです。

OSAndroid 9.0
CPUKirin 710
メモリ3GB
ストレージ容量32GB
画面6.21インチ、2,340×1,080
カメラアウトカメラ:1,300万画素+200万画素

インカメラ:1,600万画素

重さ160g
おサイフケータイ×
防水×
ジャイロセンサー
指紋認証

nova lite 3の特徴

最新CPU搭載で、ある程度動作がサクサク
ダブルレンズカメラ搭載で、背景ボケのある写真も撮れる
6.21インチの大画面で、画面がきれい
おサイフ、防水、ワンセグには非対応
メモリやストレージ容量など、価格相応な部分もある

nova lite 3を選ぶメリット

nova lite 3は、価格に対する各種性能の高さが魅力のSIMフリースマートフォンです。

端末デザインや画面サイズなど、全体的に充実した内容となっています。

カメラ性能が高めで、背景ボケのある写真などを撮影可能

nova lite 3は、背面カメラがダブルレンズです。

2つのレンズを利用して、背景ボケのあるポートレート写真を撮影できます。

さらにカメラにはAIが搭載されていて、自動的にその場の状況に合った設定を適用させられるのも見逃せません。

食事や風景など、撮りたい内容をnova lite 3が判別することで、写真をきれいに写せます。

前面カメラもAI搭載で、背景を8種類の情報から感知してクオリティの高い自撮り写真を撮影可能です。

最新のCPUで、ゲームなどもある程度快適に動作する

nova lite 3のCPU・Kirin 710はミドルスペック(中程度)クラスで、2019年3月時点では最新となっています。

高価格なXperiaやGalaxyなどで採用されるCPUには劣るものの、SNSやネットサーフィンはもちろんサクサク動作します。

さらに負荷がかかりやすいゲームなども、ある程度快適に遊べます。

例えば人気ゲームのPUBG MOBILEは、本来2万円程度のスマートフォンではあまり快適に遊べません。

しかしnova lite 3なら、CPUに搭載された「GPU Turbo」機能により、快適に遊べるように調整されています。

nova lite 3 スペック
「GPU Turbo」はグラフィック処理効率を向上させながら消費電力を効率化させる機能で、今までのファーウェイ社製スマホにも順次アップデートで配信されているわよ。

6.21インチの大画面で、動画や写真などを大きな表示で楽しめる

nova lite 3の画面サイズは、6.21インチです。

5.8インチのiPhone XSやP20 liteと比べると、一回り大きな画面サイズとなっています。

大画面でありながら重量はわずか160gで、一回り小さいiPhone XSより17g軽量です。

サイズは大きいものの軽く、持ちやすいのも魅力と言えるでしょう。

デュアルSIM対応で、2枚のSIMカードを同時に使える

nova lite 3は、2つのSIMカードを同時に利用できます。

プライベート用のSIMカードと、仕事用のSIMカードを同時に利用したい場合も、nova lite 3があれば持ち運ぶスマートフォンは1台で大丈夫です。

2つの電話番号それぞれにかかってきた電話を受けられるので、複数のSIMカードを使っている方は、活用してみてはどうでしょうか。

設定からデータ通信に使うSIMカードの切り替えもできるので、例えば「au回線のSIMが圏外の時に、ドコモ回線のSIMに切り替える」といった使い方もできます。

nova lite 3 スペック
これいいかも!仕事とプライベートで電話番号を分けたいけど、スマホを2台持ち歩くの面倒だなと思ってたんだよね!

しずく型ノッチ採用で、画面の切り欠き部分が狭い

2019年のスマートフォンは、画面上部のインカメラ領域の左右にまで液晶画面が広がっている、「ノッチ」という形状が主流です。

画面が欠けた用になっているので好みが分かれる形状ですが、nova lite 3は「しずく型ノッチ」なので、欠けている領域は最小限に留められています。

インカメラの左右は通知のアイコン表示などで使われるので無駄もないため、ノッチが苦手な人でも違和感なく使えるでしょう。

オーロラブルーやコーラルレッドといった、独特の高級感があるカラーリング

nova lite 3のカラーは、以下の3種類です。

  • オーロラブルー
  • コーラルレッド
  • ミッドナイトブラック

オーロラブルーはグラデーションのようになっていて、上側は水色寄り、下側は濃い青です。

変わった色合いで高級感もあり、ひと目見ただけだととても2万円程度で買える安い機種には見えません。

スマートフォンの価格だけでなく、デザインにもこだわりたいとしても、nova lite 3なら満足度は高いでしょう。

nova lite 3のデメリット・注意点

nova lite 3のデメリットは、一言でまとめると「価格相応な部分もある」ことです。

あくまでも定価2万円台の激安端末なので、最高のスマートフォンを求める人には向いていません。

あくまでコストパフォーマンス重視、「最高」性能ではない

nova lite 3は、コストパフォーマンス優先の人におすすめの機種です。

性能には、いくつか妥協している部分もあります。

例えば複数のアプリを起動した際にサクサク動作させるために重要な「メモリ」は、nova lite 3だと3GBです。

2019年3月時点だと、4GBや6GBなどの大容量メモリを搭載する機種が増えてきているので、少々見劣りすることは否めません。

ストレージ容量も、OPPO R15 Neoなど2万円台で64GB搭載の機種がありますが、nova lite 3は半分の32GBです。

microSDカードを増設すれば容量不足は補えますが、本体に直接保存できるデータ量は、2019年3月のスマホとしては少なめと言えるでしょう。

カメラ性能も、2万円程度のスマホとしてはかなりの高性能ですが、10万円のiPhoneやGalaxyなどと比べるとイマイチです。

一眼レフカメラで撮影したかのような、きれいな写真を撮りたい方は、同じファーウェイのスマートフォンの場合、Mate 20 ProやP20などを選んだほうが良いでしょう。

本体サイズが大きめなので、片手操作を求める人は要注意

nova lite 3は6.21インチの大画面で、本体サイズも大きめです。

片手で操作したい場合、大きすぎて指が画面端まで届かない可能性があります。

小さなスマホを使いたい場合は、P20 liteやAQUOS R2 Compactなど、nova lite 3より一回り以上小さいSIMフリースマートフォンを選ぶのがおすすめです。

充電端子は、旧規格のmicroUSBを採用

nova lite 3の充電端子は、最新のUSB Type-Cでなく、裏表があるmicroUSBです。

本体価格が安価な関係で、あえて旧規格が採用されていると考えられます。

どちら向きでケーブルを挿しても大丈夫なUSB Type-Cを使いたい方は、P20 liteなどを選びましょう。

nova lite 3 スペック
充電器はスマホを買ったらついてくるが、予備を家電量販店で買うときはmicroUSBタイプのものを選ぼう!

おサイフケータイや防水、ワンセグには非対応

nova lite 3には、おサイフケータイや防水、そしてワンセグ機能が搭載されていません。

低価格でおサイフケータイや防水に対応しているスマートフォンを求める方は、AQUOS sense 2を選ぶのがおすすめです。

ワンセグも見たい場合は、arrows M04などを検討しましょう。

nova lite 3がおすすめな人

nova lite 3は、低価格ながらCPUやカメラなどの性能が高めなのが魅力です。

nova lite 3は、以下の3つのいずれかに当てはまる人におすすめです。

  • 実質500円程度から購入して使える、とにかく安いスマートフォンが欲しい人
  • 迫力のある大画面で、動画などのコンテンツを楽しみたい人
  • 写真を撮影する機会が多い人

反対におすすめできないのは、以下の3つに当てはまっている人です。

  • 最高性能を求める人
  • ゲームをする機会が多い人
  • おサイフケータイや防水が必須な人

あくまで定価2万円台の激安スマートフォンなので、コストパフォーマンスは高いものの「高機能で高性能」ではありません。

nova lite 3はスペックを踏まえつつ、満足できるかじっくり検討したうえで選びましょう。

nova lite 3を安く買う買う方法

nova lite 3が買える格安SIMを安い順に並べました。

期間限定のキャンペーンもあるので、終了日に注意して見てください。

安い順取扱MVNO税抜価格
1位UQモバイルおしゃべりプラン・ぴったりプラン契約で実質500円
(通常価格29,300円)
2位OCNモバイルONE一括:8,800円(音声対応SIMのみ、OCNでんわかけ放題とあんしんモバイルパック加入で3,800円)
分割:なし
3位楽天モバイル一括:9,980円(通話SIM契約・4月24日8時59分まで、通常26,880円)
分割:411円
4位IIJmio一括:22,800円
分割:980円
5位mineo一括:24,000円
分割:1,000円
6位DMM mobile一括:26,880円
分割:1,323円

一番安いのはUQモバイル

nova lite 3が一番安く買えるのはUQモバイルで、マンスリー割を利用すれば実質500円で購入できます。

UQモバイルでnova lite 3の価格は以下のようになっています。

一括:29,300円
分割:1,200円×24(初回のみ1,700円)
マンスリー割:-1,200円×24
実質500円
(おしゃべりプラン・ぴったりプラン契約時)

UQモバイルで端末を購入すれば、マンスリー割で毎月一定額を値引きしてもらえます。

nova lite 3の分割金は1200円ですが、マンスリー割として基本料金から毎月1200円値引きしてもらえるため、毎月の端末代支払は実質無料です。

ではなぜ500円かと言うと、初回のみ分割金は1,700円でマンスリー割が1200円なので、差額の500円が実質の端末代ということになるのです。

nova lite 3 スペック
マンスリー割は端末を一括払いで買っても、2年間値引きしてもらえるぞ!

例えば、おしゃべり・ぴったりプランSで分割で購入した場合の、毎月の見積り(税込み)はこのようになります。

nova lite 3 スペック
安いー!端末代込で2000円代~なんて、ガラケーと料金変わらないじゃん!

UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランの料金はこちらです。

2GB
(最初の2年は3GB)
1年目:1980円~
2年目:2980円~
6GB
(最初の2年は9GB)
1年目:2980円~
2年目:3980円~
14GB
(最初の2年は21GB)
1年目:4980円~
2年目:5980円~

UQモバイルはマンスリー割があるので端末は安いのですが、3年目以降の料金は格安SIM他社に比べ割高になるので注意です。

UQモバイルの公式サイトとくわしい解説はこちらです。

 

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでnova lite 3は、一括払いのみで8800円となっています。

一括:8,800円(税別)
(音声対応SIMのみ、OCNでんわかけ放題とあんしんモバイルパック加入で3,800円
分割:なし

さらに月額850円のOCNでんわかけ放題、月額640円のあんしんモバイルパックに加入すれば5000円引きになるので、3,800円で購入できます。

月額850円のOCNでんわかけ放題、月額640円のあんしんモバイルパックは購入時に入っておき、購入後に解除しても良いので入っておきましょう。

nova lite 3 スペック
当月内に外すとして、OCNでんわかけ放題850円+あんしんモバイルパック640円で1490円だ。5000円-1490円で3510円は得をする計算になる!

OCNモバイルONEの月額料金の例は以下のとおりです。

●料金の一例

110MB/日1,600円
3GB/月1,800円
6GB/月2,150円
20GB/月4,850円
30GB/月6,750円

月ごとの料金プランに加え、日ごとの料金プランを選択もできるようになっていますが、余った通信量を翌月も繰り越したい場合は月ごとのプランを選びましょう。

オプション加入で最大5000円引きに加え、OCNモバイルONEでは現在、新生活応援割として、3/31までに音声SIM申し込みで24ヶ月間の間基本料金が320円引きになります。

値引き後の基本料金は以下のようになります。

合わせると2年間で、7,680円安くなる計算になります。

OCNモバイルONEの公式サイトとくわしい解説はこちらです。

 

楽天モバイル

楽天モバイルでnova lite 3の価格は以下のようになっています。

キャンペーン価格4月24日8時59分まで
一括:9,980円(音声対応SIMのみ、データSIM26,880円)
分割:411円×24回(データSIM 1,132円)

楽天モバイルは現在割引キャンペーン中で、音声SIMなら一括9,980円で購入できます。

楽天ポイントをお持ちの方は、端末代に使うことができるので更に安くなります。

分割払いにすれば手数料がかかるのですが、楽天カードで支払えば分割払いの手数料はかかりません。分割払いにする人は楽天カードを持っておいたほうが良いです。

楽天モバイルの月額料金の例は以下のとおりです。

スーパーホーダイ2GB1480円~
(10分かけ放題付き)
スーパーホーダイ6GB2480円~
(10分かけ放題付き)
スーパーホーダイ14GB4480円~
(10分かけ放題付き)
スーパーホーダイ24GB5480円~
(10分かけ放題付き)

楽天モバイルの公式サイトと詳しい解説はこちらです。

 

IIJmio

IIJmioでnova lite 3の価格は以下のようになっています。

一括:22,800円
分割:980円×24回

(音声SIMなら5000円ギフト券5/8まで)

音声SIMを新規で申し込めば5000円分のギフト券がもらえるので、実質17,800円になります。

IIJmioの月額料金の例は以下のとおりです。

3GB1600円
6GB2220円
10GB3260円

IIJmioでは5/8日まで初期費用1円+全てのSIMで1年間データ1GB増量+音声SIMなら3ヶ月間基本料から1300円引きとたくさんのキャンペーンをやっています。

キャンペーン適用後の基本料金は、3ヶ月間以下のようになります。

通常で3000円かかる初期費用も、キャンペーンで1円になっているため、乗り換えやすくなっています。


IIJmioの公式サイトとくわしい解説はこちらです。

 

mineo

マイネオでnova lite 3の価格は以下のようになっています。

一括:24,000円
分割:1,000円×24回

マイネオは分割手数料がかからないため、分割払いでも一括払いでも料金は変わりません。

分割の場合、基本料金に1,000円の端末の分割金を合わせて支払う形になります。

マイネオの月額料金の例は以下のとおりです。

●料金の一例

500MB1,310円
3GB1,510円
6GB2,190円
30GB6,510円

AQUOS sense2 SH-M08はマイネオのドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の全てで使えますが、マイネオで一番安いのはau回線(Aプラン)です。

マイネオでは5/8日まで通話SIMなら3ヶ月間、基本料金が最大1440円引きになるキャンペーンをやってます。

Aプランなら3ヶ月間、基本料金が以下のようになります。

10GBなら最大4320円安くなります。

マイネオの公式サイトとくわしい解説はこちらです。

 

DMM mobile

DMMモバイルでnova lite 3の価格は以下のようになっています。

一括:26,880円
分割:1,323円×24回

DMMモバイルは分割払いにすると手数料がかかるため、合計で31752円と割高になります。

分割払いにするのであれば他の会社で購入するほうが安いので注意してください。

DMMモバイルの月額料金の例は以下のとおりです。

ライト
(低速通信のみ)
1140円
1GB1260円
3GB1500円
7GB2580円
20GB4680円

DMMモバイルは料金が安く、他社にあまりない1GBと2GBのプランがあるので、3GBが多すぎる人にも向いています。

DMMモバイルでは5月16日(木)14:59まで、新規契約手数料+基本料最大1100円になるキャンペーンをやっています。

新規で通話SIMを申し込めば基本料金から800円×3ヶ月間値引き、新規で通話SIMと同時に10分かけ放題を申し込めば、1100円×3ヶ月間値引きになります。

また、通話SIMでもデータSIMでも新規手数料は無料なので、乗り換えがしやすくなっています。

DMMモバイルの公式サイトと詳しい解説はこちらです。

 

nova lite 3のスペックと安く買う方法まとめ

nova lite 3は端末代も安く、スペックも価格に対しては高めになっています。

性能が気になる人もいると思いますが、LINEや動画、ラインツムツムなどのゲームは今までどおり使えます。3Dゲームをしない人であれば十分満足して使うとができるでしょう。

nova lite 3はUQモバイルであれば実質500円で購入することができます。

安くて良いスマホをお探しの方、スマホデビューをしたいけど端末代が気になる人に特におすすめです!

UQモバイルでnova lite 3を見てみる

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-スマホ端末

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.