ラインモバイル

ラインモバイルを解説!特徴・料金・口コミ評判はどう?

投稿日:8月 22, 2017 更新日:

ラインモバイルは『LINE』で有名なLINE株式会社が運営する格安SIMです。

LINEが運営しているため、他社ではできないID検索ができたり、LINEやSNSアプリの通信量が無料になったりと、メリットは多いです。

現在ポイントプレゼントキャンペーンと、基本料金3ヶ月無料キャンペーンが重なって開催中となっています。

2つのキャンペーンが重なることは珍しく、期間限定のため終了に注意です。

ラインモバイルの特徴はこちらです。

  • 通話SIMなら今だけポイントプレゼント&基本料3ヶ月1390円引き
  • SNSフリープランがある
  • ドコモ・SoftBankの2つの回線に対応
  • フィルタリングが無料
  • SMSなしでもLINEが使える
  • ID検索ができる
  • ラインペイカードを使えば口座支払いが可能

ラインモバイルの特徴や料金、保証などすべて解説します!

LINEモバイルの公式サイトはこちら

今だけ!通話SIM申し込みで5000ポイント&基本料3ヶ月1390円引き

ラインモバイルでは現在、他社から乗り換えまたは新規登録で5000ポイントがもらえるキャンペーンと、基本料金3ヶ月1390円引きのキャンペーンが開催されています。

ポイントプレゼントの内容

●期間
2019/1/22(木)~2019/3/3(日)

●対象になる人
キャンペーン終了までに通話SIMを利用開始した人

●もらえるポイント
新規で通話SIM申込み→5000ポイント

基本料3ヶ月1390円引きの内容

●期間
2018/11/15(木)~終了日未定
●対象になる人
キャンペーン終了までに通話SIMを利用開始した人

●得する内容
基本料金が3ヶ月無料

どちらのキャンペーンも、終了日までに利用開始した人が対象となります。

利用開始とはLINEモバイルを使い始めることで、ラインモバイルに申し込んだだけでは利用開始にはならないため、キャンペーンの対象にはなりません。

ラインモバイル 評判
キャンペーンの最終日に申し込んだら間に合うよねー?

ラインモバイル 評判
残念ながら間に合わない。キャンペーン期間内に自宅に届いて設定をして、使い始めていないと対象外だ。

郵送される期間を考えると、キャンペーンの適用は終了日より早めに申し込んだほうが良いと思われます。

ラインモバイルのその他のキャンペーンはこちらにまとめています。

【2019年6月】LINEモバイルのキャンペーン。LINEポイント3000/料金3ヶ月間1390円引き/P20 liteが安い

今ラインモバイルでは、基本料金が3ヶ月間値引きとポイントプレセントキャンペーンを同時にやっているため、初期費用がかなり安 ...

Lineモバイルの料金

ラインモバイルの料金プランです。

電話番号をそのままでラインモバイルにしたい人、090、080、070から始める電話番号を使いたい人は『通話SIM』の欄を見て下さい。

LINEフリープラン

LINEのみの通信量が無料になるプランです。データSIMの場合、SMSは別料金になります。

容量データSIMデータSIM
+SMS
通話SIM
1GB500円620円1200円
(すべて税別)

このプランは月の料金を安く抑えたい人向けのプランです。

特にデータSIMは500円とかなり安く、子供にLINE用で持たせたい人やサブのタブレットを持ち歩きたい人に人気があります。

他社格安SIMでLINEを使うためにはSMS付きSIMにする必要があるのですが、LINEモバイルではSMSなしのSIMでもLINEが使えます。

またラインモバイルはフィルタリングも無料なので、500円でLINEもフィルタリングも使い放題ができてしまうのです。

子供に連絡用に安く持たせたい時は最適です。

コミュニケーションフリープラン

LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題のプランです。

通信もゲームもそこそこ使う人向けの、格安SIMの一般的なプランはこちらになります。

容量データSIM
+SMS
通話SIM
3GB1110円1690円
5GB1640円 2220円
7GB2300円 2880円
10GB2640円 3220円

データSIMはSMS込みの料金になります。

LINE、Twitter、Facebook、InstagramのSNSアプリが使い放題なのがメリットです。

他社では低速モードでSNS使い放題というところもあるのですが、ラインモバイルは高速通信でSNSアプリ使い放題です。

ということは、もし毎月のデータ容量を使い切ってしまっても、SNSアプリだけは高速のまま使えるということになります。

ラインモバイル 評判
ラインモバイルはソフトバンク回線も使えるけど、ソフトバンク回線の料金はもっと高いんでしょ?

ラインモバイル 評判
ラインモバイルはソフトバンク回線も同じ料金で使えるのぞ!
他社はソフトバンク回線が高いのだが、ラインモバイルは他社に比べてソフトバンク回線がとても安い!

ラインモバイルはドコモ回線もソフトバンク回線も、料金が同じで他社より安くなっています。

ソフトバンクのスマホやiPhoneをそのまま使いたい人も、ラインモバイルはおすすめです。

MUSIC+プラン

LINE、Twitter、Facebook、Instagramに加え、LINEが提供する音楽聞き放題アプリ『LINEミュージック』の通信料金も無料になるプランはこちらです。

容量データSIM
+SMS
通話SIM
3GB1810円2390円
5GB2140円2720円
7GB2700円3280円
10GB2940円3520円
(すべて税別)

音楽データは容量を消費しやすいのでLINEミュージックを使う人にはお得です。

10分かけ放題・いつでも電話

格安SIMは通話料が高く、そのままだと通話料が30秒20円ととても割高になります。

通話をよく使うという方は、上記のプランに加えて『いつでも電話』または『10分かけ放題』の通話割引オプションをつけることができます。

プラン10分かけ放題いつでも電話
料金880円0円
通話料10分以内何度でも無料
10分以降30秒10円
30秒10円
内容10分かけ放題を申込後『いつでも電話』アプリからの発信は10分無料『いつでも電話』アプリからの発信は半額

『いつでも電話』は電話回線を使うアプリです。電話回線を使うので通話の品質もよく、LINEモバイルをお使いの方はだれでも使えます。

『10分かけ放題』は、アプリ『いつでも電話』からの発信で10分以内の通話であれば、何回でも無料になります。10分を超えたら半額の30秒10円です。

ラインモバイル公式サイトを見てみる

今使っているiPhone・スマホは使える?

ラインモバイルで使えるスマホとiPhoneは、次の2つの方法があります。

LINEモバイルで買って使う

今持っているスマホやiPhoneを持ち込む

LINEモバイルで買って使う

ラインモバイルではスマホを販売しているので、ラインモバイルの契約と同時にスマホを購入することができます。

現在iPhoneSEも販売しています。もちろん分割で支払いも可能です。

どんなスマホを売っているかは、こちらの公式サイトから見られます。

今持っているスマホやiPhoneを持ち込む

LINEモバイルでは今お使いのスマホやアイフォンを、持ち込んで使うこともできます。

LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線に対応していますので、ドコモの方はドコモ回線、ソフトバンクの方はソフトバンク回線を選べばそのまま使うことができます。

ソフトバンクのAndroid端末の人は、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除のしかたと対応端末は、こちらに詳しく書いています。

ソフトバンクのスマホやiPhoneをSIMロック解除する方法を徹底解説。

今お手持ちのソフトバンクのスマホやiphoneを格安SIMで使いたい時、SIMロック解除が必要な場合があります。 ソフト ...

ラインモバイルでは申込みの画面で、端末によりどのSIMカードを選べばよいか出てくるようになっています。

『SIMカード選択』のときに自分の端末を選べば、選ぶSIMカードがすぐにわかります。

間違える心配がないので、わかりやすくて良いです。

ラインモバイルにお申し込みはこちら

auの端末は使えないの?

auのスマホやiPhoneが使えるかについてです。

auの端末は、iPhone6s以降なら使うことができます。

使えるiPhone

iPhone X
iPhone 8
iPhone8 Plus
iPhoneX
iPhone 7
iPhone 7Plus
iPhone SE
iPhone6s
iPhone 6sPlus

上の端末だったら使えます。

iPhone6s以降の端末は対応する電波が多く、ドコモやソフトバンクの回線にも対応できるからです。

auのiPhone6s以降を使う時は、SIMロック解除が必要になります。

SIMロック解除のしかたはこちらに書いています。

auのスマホやiPhoneをSIMロック解除する方法と手順を解説。

今お手持ちのauのスマホやiphoneを格安SIMで使いたい時、SIMロック解除が必要な場合があります。 auのスマホや ...

iPhone6以前はSIMロック解除に対応していないので、使うことができません。

auのAndroid端末も、残念ながら使えません。

実際のところ、SIMロック解除をしてSIMカードを差し込めば使えなくはないのですが、対応する電波の違いから不具合が出る可能性が高いです。

電波が対応していないと、電話や通信が途切れたりつながらなかったりします。

使えなければ意味がないので、止めておいたほうがいいです。

ラインモバイル 評判
持っている端末が使えなくても、ラインモバイルではスマホやiPhoneを販売しているぞ!どんな機種があるか、公式サイトをチェックだ!

LINEモバイルの公式サイト

ラインモバイルの特徴・メリット

LINEモバイルの特徴とメリットはこちらです。

ラインモバイルの特徴

SNSフリープランがある
ID検索ができる
ソフトバンクのプランがある
i-フィルターが無料
10分かけ放題がある
ラインペイカードで口座支払いができる

SNSフリープランがある

SNSフリープランとは、ラインやツイッター、フェイスブック・インスタグラムなどのSNSアプリの通信料が無料になるプランのことです。

スマホの利用はSNSがメインだという方は、フリープランを使うことで通信料を安くすることができます。

データフリーのメリットは、容量を使い切ったら普通は通信速度がとても遅くなるのですが、SNSアプリのだけは遅くならずに使える点です。

ただし、タイムラインに流れてくるyoutube動画や、リンクをクリックしたときの通信料はデータフリーの対象外なので注意してくださいね。

ID検索ができる

通常の格安SIMでは年齢承認ができないので、LINEのID検索ができません。

ラインモバイル 年齢承認
年齢承認って何かしら?

ラインモバイル 年齢承認
年齢承認というのは、“この契約者が18歳以上ですよ”と承認するものだ。
ラインアプリが、ドコモ・au・ソフトバンクのを登録したときの契約者の情報と照らし合わせて、契約者が18歳以上であれば年齢承認ができて、ID検索も使えると言うわけだ!

ドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社では、契約者の情報が照会できないため、年齢承認ができないと言うことなんですね。

その点、LINEモバイルなら契約者の情報がライン自体にあるので、情報の紹介もできてID検索もできるのです!

ID検索がないと不便な方は、ラインモバイルがおすすめです。

ソフトバンクの回線も使える

ドコモ回線のみだったラインモバイルですが、2018年7月2日よりソフトバンク回線も使えるようになりました。

これにより、今まで使えなかったソフトバンクの端末も、一部を除き使えるようになりました!

料金はドコモ・ソフトバンクとも変わりません

他社のソフトバンク回線はドコモ・au回線より高いこともあるんですが、LINEモバイルは同じです。

申込みの時にドコモ回線かソフトバンク回線かを選べるので、間違えないようにしましょう。

i-フィルターが無料

お子さんにスマホを持たせたいときに安心なフィルタリングサービス、アイフィルターがLINEモバイルは無料で使えます。

i-フィルターは学校やプロバイダでも導入されている、信頼できるフィルタリングです。

ブラウザについているものや無料で使えるフィルタリングはちょっと微妙で、子供に解除されやすかったり抜け穴が多くて意味がないことが多いのです。

その点アイフィルターは親が許可しない限り、サイトもアプリも突破できません。小学生~高校生まで、段階に合わせた設定も可能です。

i-フィルターはアプリ版だと月額360円で、他の格安SIMだと割安で使えるところもありますが、無料でつかえるのはLINEモバイルだけです!

最安の500円のデータSIMでも無料でi-フィルターは使えるので、お子さんに持たせたい時はLINEモバイルが一番おすすめです。

10分かけ放題がある

ラインモバイルは最初の10分が何回でも無料になる、『10分電話かけ放題オプション』が月額880円(税別)でつけることができます。

ドコモauソフトバンクだと5分かけ放題が1700円なのですが、LINEモバイルはその倍の10分でしかも料金は約半額の880円です!

通話が多い人はとても安くなりますね!

10分かけ放題は、『いつでも電話』というアプリを使って発信したときの通話料が、最初の10分が無料になります。

いつでもでんわは電話回線を使うアプリなので、品質もよく通話の声も遅れたりすることなく聞こえます。

もし10分を超えても、30秒20円の通話料が半額の30秒10円で使うことができます。

ラインモバイル解説 
ちなみに、10分かけ放題に入らなくても『いつでも電話』アプリからの電話は半額だ。
『いつでも電話』アプリはラインモバイルの人なら誰でも使えるぞ!
ラインモバイル解説
なんて神対応なの!!

ラインペイカードで実質口座支払いができる

ラインには、LINE payカードというプリペイドカードがあるのをご存知でしょうか?

ラインモバイルは支払い方法をラインペイカードにすることができます。

そして、ラインペイカードはラインが提供するプリペイドカードで、引き落とし先を口座にすることもできます。

ということは、料金の支払方法をラインペイカードにして、LINE payカードの引き落としを口座にしておけば、実質口座支払いができるというわけです!

ラインペイカードは以前はコンビニで購入できたのですが、現在はコンビニで販売はしておらず、ラインのアプリからの申込みとなります。

ラインアットを起動し、右下の『ウォレット』→『LINEPay』→少し下に行き『設定』→『LINEPayカード』より申し込みができます。

数日後届くので、アプリから利用開始の手続きと口座支払いの設定をして準備完了です!

LINEモバイルにお申し込みはこちら

ラインモバイルのデメリット

INEモバイルが他社に比べてデメリットなところはこちらです。

LINEモバイルのデメリット

他社に比べ、月額がやや高い
料金プランが少ない

他社に比べ、月額がやや高い

ラインモバイルの料金は他社格安SIMに比べ、190円~450円高いです。

その差額分でインスタグラムなどのSNSをたくさん使えば安いですが、SNSを使わない人は損になります。

SNSを使わない人にとってはデメリットです。

料金プランが少なめ

料金プランが他社に比べ少なく、3G・5G・7G・10Gのプランしかありません

十分こと足りるという方は良いですが、1G・2Gのプランや、大容量の20Gのプランがほしいという方には、デメリットですね。

LINEモバイルにお申し込みはこちら

ラインモバイルの保証

スマホを使っていてうっかり壊れてしまった時のため、ラインモバイルでは端末保証オプションサービスを別料金でつけることができます。

たんまつほしょうおぷしょん

LINEモバイルでスマホを購入した人は月額450円(初月無料)で、壊れてしまった時はとても安く新しい端末交換することができます。

1度目5000円、2度目は8000円で年二回まで、原則同じ機種で同じ色のスマホに交換してもらえます。

端末保証受付センター

0120-866-919
10:00~19:00(年中無休)
携帯PHSでもOK

上の申し込み先に連絡をした後、交換端末と壊れた端末を交換するキットが送られてきます。

紛失は対象外です。

持込端末保証

お手持ちの端末をそのままラインモバイルで使う方は、月額500円で『持込端末保証』をつけることができます。

1度目4000円、2度目は8000円で年2回まで、修理または交換のサービスを受けることができます。iPhoneは修理のみで交換はできません。

端末保証受付センター

0120-866-919
10:00~19:00(年中無休)
携帯PHSでもOK

上の申込先に連絡をすると返送キットが送られてきて、返送後修理か交換のサービスを受けられます。

紛失は対象外です。

どちらの保証にも言えることですが、保証に入るとその分月額が高くなり、格安スマホに変えたお得感が減ります。

保証を使う機会があまりなかったという方は、あまり必要ないかもしれませんね。

LINEモバイルにお申し込みはこちら

ラインモバイルの口コミ評判は?

LINEモバイルを実際使った人はどう思っているのか、クラウドワークスというサイトで独自にアンケートをお願いしました。

回答を一部紹介します!

5GBで契約していて容量が毎月ぎりぎりになってしまっているので、LINEやInstagramなどのカウントフリー機能が結構ありがたいです。電波状況も良好で地下街などで多少繋がり辛いことはあるものの大抵どこでも繋がっていますし、通信速度でストレスを感じたこともありません。料金も安くてとても満足しています。(30代男性)
LINEのIDが使えるからです。
仕事でLINE IDを教えることがあり、携帯がその場になくても、検索して登録してもらうことができるので、なくてはならない機能でした。キャリア携帯でないと使えない機能とのことでしたが、LINEモバイルなら唯一使用可能だったので、まっ先に候補にしました。周りに使っている人がいなかったので、自力で調べていたのですが、料金形態も非常にわかりやすく、その時やっていたキャンペーンも魅力的だったので、すぐに契約を決めました。(20代女性)
通信速度も速く、ポケモンGOをしていてもドコモのときより早いくらい。LINEやフェイスブックでの使用はギガ数にカウントされないのでとても助かっています。私はiPhoneが好きなので、ドコモで使っていたiPhoneをそのまま移行させましたが、LINEモバイルでiPhoneの新機種が出れば次回はそちらに変えるつもりです。(30代女性)
速度に関しては、一部地下鉄での移動中などに遅くなることがあるものの、普段地上で使用する分には大きな問題はないと思う。
LINE上で、残りのパケット容量がすぐ確認できるのも便利。
また少しずつだけどLINEポイントが還元されるのでスタンプの購入ができて嬉しい。(30代男性)
値段は確かに安くなりましたが、通信の安定性は、やはりDOCOMOにはかわないないと思いました。時々、通信が取れなくなることがあります。特に山が近くなるとその現象が頻度高く発生するので、もう少し通信が安定するといいなとは思います。(40代女性)

ラインモバイルにした理由を、ID検索が使えるからと答えた方がいました。やはりID検索は必要な機能なんだなと思いました。

通信が早いという意見と、遅いという意見がありました。格安SIMでは今の所、ドコモ・au・ソフトバンクに比べて速度が遅く感じる場合もあるようです。

最近始まったソフトバンク回線は利用者が少ないと思われるので、速度も早いです。今のところはソフトバンク回線を選んだほうが、速度は早いと思われます。

ラインモバイルからアイフォンが販売されるとよいという意見がありましたが、その後ラインモバイルからiPhoneSEが販売されています!

どんどんサービスを拡大していくLINEモバイル、利用者も増えづづけているしとても良いなと思います!

LINEモバイルにお申し込みはこちら

ラインモバイルの特徴まとめ

ラインモバイルの特徴とメリットをまとめてみました。

ラインやツイッターなどのSNSが無料
ラインのID検索ができる
実質口座振替にできる
10分かけ放題がある

ラインモバイルは通信速度の評判もとても良く、特にソフトバンク回線は始まったばかりなのもあり、ドコモauソフトバンク並と言われています。

今のところは通信速度でも、ラインモバイルは強いです。

利用者が増えたら速度が落ちるという心配もありますが、最低利用期間が13ヶ月でそれ以降は解除料がかからないので、もし遅くなったら乗り換える手段もあります。

ラインモバイルはソフトバンクと業務提携したこともあり、速度面でも期待できると思っています。

安さと速度両方とも重視したい方に、ラインモバイルはおすすめです!

LINEモバイルにお申し込みはこちら

LINEモバイルのキャンペーンと特典全部まとめ

LINEモバイルで販売中のおすすめスマホ端末を比較!

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-ラインモバイル

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.