ナットクできる格安スマホ解説サイト『なとすま』

IIJmio

IIJmioで今使っているスマホはそのまま使える?キャリアとプラン別に解説。

投稿日:9月 6, 2017 更新日:

今持っているスマホ(android端末)をそのままIIJmioで使うことができれば、面倒なデータ移動などなく、安く携帯を使うことができてとても良いですね。

ですが携帯会社(ドコモauソフトバンク)とプラン(タイプA・タイプD)により使えない会社もあります。

携帯会社とプラン別に、今お使いのスマホがIIJmioで使えるか書きましたので、調べてみてください。

iPhoneの方は別記事に書いていますので、こちらを読んでください。

IIJmioで今持ってるiPhoneは使える?携帯会社と料金タイプ別に解説

IIJmioに今持っているiPhoneで乗り換えることができたら、データはそのままで月々の料金が安くなって、メリットが大 ...

IIJmioのタイプD

IIJmioのタイプDは、ドコモの回線を使うプランになります。

今ドコモをお使いの方は、こちらのプランを選ぶと、エリアも変わらずに今まで通り使い続けることができます。

ドコモのスマホ→IIJmioタイプD

ドコモのスマホ(android端末)をお持ちの方は、タイプDであればSIMロック解除も必要なくそのまま使うことができます

ですが、デザリングはできなくなる可能性があります。IIJmioのタイプDの限らず、ドコモ端末をドコモ系格安SIMで使う場合、デザリングができなくなるという報告がたくさんあります。

使わない人にとっては問題ないですが、使う人はIIJmioでデザリングが可能な端末を買ったほうが確実でしょう。

IIJmioの申し込み、詳細はこちらから見られます。

ソフトバンクのスマホ→→IIJmioタイプD

ソフトバンクのスマホ(android端末)の場合、2015年5月以降に販売されたスマホのみSIMロック解除をすれば基本的には使えますが、対応する周波数の違いにより、使えない場所が出てくる可能性があります。

ソフトバンク端末の対応周波数一覧と、ドコモ端末の対応周波一覧を見比べてみたところ、以下のようになっています。

どこもしゅうはすう

↑ソフトバンク
ソフトバンクしゅうはすう

↑ドコモ

ドコモで利用できる周波数は800MHzのバンド19ですが、ソフトバンクでは800MHzには対応せず、900MHzのバンド8が使われています。

使えない周波数は対応している他の周波数で補うことになるのですが、その分エリアが狭くなった通信の品質が落ちるということも考えられます。

また機種により対応する周波数も違うので、ソフトバンクのスマホをIIJmioのタイプDで使うのは『使えなくはないけどやめておいたほうが無難かも』ということが言えます。

auのスマホ→→IIJmioタイプD

auのスマホをお持ちの方は、IIJmioのタイプDは電波の種類が違うので使えないと思っていいです。

au公式サイトのau端末の対応周波数一覧と、ドコモ公式サイトのドコモ端末の対応周波一覧を見比べてみましょう。

えーゆーしゅうはすう
↑au

どこもしゅうはすう

↑ドコモ

LTE通信(4G)でauは700MHz・800MHzのバンド18/26が使われているのに対しドコモ端末は、700MHzは使われている端末はありますが、800MHzのバンド18/26は使われておらず、800MHzのバンド19に対応しています。

加えて3G通信ではドコモがW-CDMAという通信方式を使っているのに対し、auはCDMA2000という通信方式を使っています。

使えない電波が多く、通信品質がかなりおちるので、auからIIJmioのタイプDは『使えない』と思ってよいでしょう。

auのスマホをお持ちの方は、タイプAで使えるかもしれないのでauのスマホ→→IIJmioタイプAもご覧ください。

IIJmioのタイプA

タイプAはauの回線を使うプランです。au回線を使う格安SIMは他社にもありますが、他社と違いIIJmioのタイプAはVoLTE対応端末しか使うことができません

VoLTEというのは、対応端末同士であれば品質の良い通話ができる、付加サービスです。

VoLTE対応端末にはVoLTE対応のSIMカードが必要になりますが、IIJmioにはVoLTE対応のSIMカードしかないので、VoLTE対応端末しか使えないというわけです。

auのスマホ→→IIJmioタイプA

IIJmioのタイプAはauの回線を使うプランなので、auの端末で先述したVoLTE対応端末であれば使うことができます。

VoLTE対応端末一覧をチェックして、この中にあれば使うことができます。

au系他社格安SIMと違い、同じau系でもVoLTE対応端末の場合SIMロック解除が必要なので注意してください。

IIJmioの申し込み、詳細はこちらから見られます。

VoLTE対応端末ではなかった方は、こちらの格安SIM提供会社であれば使えるかもしれません。合わせて読んでみてください。

auから乗り換えに最適な格安SIMはどれ?UQモバイルとmineo、IIJmioを比較!

現在auでスマホを契約していて、このスマホをそのまま格安SIMに乗り換えてからも使いたい。そんな時に、乗り換え先は一体ど ...

ドコモ・Softbankのスマホ→IIJmioタイプA

ドコモ・Softbankのスマホをお持ちの方は、IIJmioのタイプAでは使えません

まずauのVoLTEとドコモ・SoftbankのVoLTEは別物で、ドコモ・SoftbankでVoLTE対応だからといってauのVoLTE対応SIMが使えるわけではなく、電波をつかむことすらできません。

VoLTE非対応の機種も同様で、VoLTE対応のSIMカードは使うことができません。

ドコモの端末の方はタイプDを契約したほうがいいです。ソフトバンクの方は残念ながら使うことはできませんが、IIJmioは販売している端末も多く分割払いもできますので、チェックしてみるとよいでしょう。

SIMロック解除のしかた

SIMロック解除はお近くのドコモ・au・ソフトバンクのショップ、またはパソコンやスマホからお客様サポートサイト(My Docomo・My au・My softbank)ですることができます。

ショップの場合手数料が3000円程度かかるのですが、お客様サポートサイトであれば無料なので、お客様サポートサイトでするほうが良いです。

その端末を買ってから101日以上たたないとできないなど、各会社により注意点があるので気を付けてください。

買ってすぐにSIMロック解除して他社に移行、ということを防ぐ為と思われます。

まとめ

IIJmioは特にタイプAは使えない端末が多いです。使えたとしてもSIMロック解除は必須なので、乗り換えを検討中の方は解約前にSIMロック解除をすることを忘れないようにしてください。

お手持ちの端末が使えなかったとしても、IIJmioでは販売している端末数がかなり多いです。

好きなスマホが見つかるかもしれないので、一度チェックしてみてくださいね。

注意

この記事の内容・情報は常に正確であることを確認したうえで作成しておりますが、著者がすべての端末の動作確認をしたわけではございません。

お手持ちの端末が必ず使えることを保証するものではありません。ご了承ください。

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-IIJmio

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.