ドコモから乗りかえ ワイモバイル

ドコモからワイモバイルにしたら本当に安いのか?メリットと注意点も解説

投稿日:4月 17, 2019 更新日:

ドコモからワイモバイルは番号そのままで乗り換えることもできます。使えない期間もありません。

でもちょっと面倒そう、お金がたくさんかかるんじゃないの?という不安もありますよね。

ドコモとワイモバイルの料金の差額と乗り換えるメリット、乗り換えるときの注意点などを解説します!

参考
ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイルの料金

ワイモバイルの料金プランはシンプルで、3つの料金プランがあります。

プランプランSプランMプランL
料金1年目:1,980円

2年目から:2,980円
1年目:2,980円

2年目から:3,980円
1年目:4,980円

2年目から:5,980円
データ量最大3GB

3年目から:2GB
最大9GB

3年目から:6GB
最大21GB

3年目から:14GB
通話
10分かけ放題(国内のみ何回でも)

一番安いプランSなら最初の1年は1980円で、10分以内の国内通話なら何回でも無料の10分かけ放題がついています。

家族でワイモバイルにして家族割に入れば、2回線目以降は基本料金からずっと500円引きになるので、家族で乗り換えればもっとお得に使えます。

また、基本料金に1000円追加で、国内通話なら誰に何分かけても無料の、完全かけ放題である『スーパーだれとでも定額』もありますよ。

docomoの料金との差額

docomoからYmobileに変えたらどのくらい安くなるか、差額を出してみます。

まずdocomoで通話も通信もそこそこ使う、5GBで5分かけ放題をつけたら料金はこのようになります。

ドコモの料金

プラン料金(税別)
5分カケホーダイ1,700円
spモード300円
ベーシックパックステップ35,000円
ずっとドコモ割プラス
(15年以上利用)
-800円
合計6200円

docomoを15年以上使っていたとしても、合計すれば6200円が毎月の料金となります。

次にワイモバイルで中くらいのプランである、プランMの料金とデータ量はこちらです。

ワイモバイルの料金

1年目2年目3年目以降
料金2,980円3,980円3,980円
データ量9GB9GB6GB
通話10分かけ放題10分かけ放題10分かけ放題

docomoではSPモードという通信を使うためのオプションに300円で入る必要がありましたが、ワイモバイルはオプションに入らなくても通信も通話も使えます。

通話はdocomoの倍の時間の10分かけ放題、データ量はだいぶ増えて9GB使っても、1年目は2980円で2年目以降も3980円なのです!

YモバイルはDocomoより1年目なら3300円、2年目以降でも2300円安く、しかも通話も通信もたくさん使えるんです。

ドコモでは長く使っている人は割引があるが、ワイモバイルは割引なしでもドコモより安いのだー!!

ドコモからワイモバイルに乗り換えるメリット

DocomoからY!mobileに変えるメリットをいくつかあげてみました。

  • 料金がだんぜん安い!
  • 端末を持ち込めばもっと安い!
  • 通信速度が速く安定している
  • iphone6s以降ならSIMロック解除すれば持ち込んで使える
  • 今使ってるラインやアプリは引き継げる
  • ネットで申し込んでも使えない期間はない
  • 家の光回線がドコモのままでも乗り換えてOK
  • PayPayのキャンペーンがある
  • ヤフープレミアムが無料

料金がだんぜん安い!

ワイモバイルに乗り換える1番のメリットはやはり料金です。

Docomoでは長く使っている人は安くなりますが、それ以上にワイモバイルにすれば料金が安くなります。

ドコモで便利なサービスや特典はたくさんありますが、月数千円、年間数万円の差額ぶん得をしているかといえば、そうでもないと思います。

スマホは連絡手段として無くてはならないですし、ずっと使うことを考えれば、少しでも安いほうがいいですね。

ドコモに愛着があるけど、これから何十年もこの金額を支払うとなるとちょっと…って感じよね

ワイモバイルは通信速度も速く安定している

安い携帯は速度が遅くて使い物にならない、という口コミもたまにあります。

実際、格安SIMは使う人が多いと速度が不安定になり、速度が遅くなることもしばしばあるのが本当のところです。

ですがワイモバイルはソフトバンクの傘下の会社で、通信の品質がかなりよく、格安SIM他社とは違って速度が速いと有名なんです。

私も実際に使ったのですがかなり速度は安定していて、遅くなりがちなお昼時でもサクサク進みます。体感速度はドコモと変わらないと思って大丈夫です。

ドコモの端末も使える(対象外あり)

持ってる端末がそのまま使えるって聞くけど、ドコモのスマホやiphoneはワイモバイルで使える?という疑問があると思います。

結論から言うと、ワイモバイルではiphone6s以降の端末であれば、SIMロック解除をすれば持ち込んで使うことができます!

SIMロック解除のやり方はこちらに書いています。

参考
ドコモのスマホやiPhoneをSIMロック解除する方法と条件を解説。

iphone6より前の人は、残念ながら使えませんが、ワイモバイルでiphoneを購入して使えます。

iphone以外のスマートフォン(Android端末)をお持ちの方は、使えない可能性もあるので、ワイモバイルの対応端末で調べてみてください。

ワイモバイルに端末を持ち込んでSIMのみで契約すれば、料金が2年間値引きされるぞ!

今使ってるラインやアプリは引き継げる

今使っているラインやアプリは、一部を除きほとんど引き継ぐことができます。

一部を除きといったのは、ドコモ専用のアプリはドコモをやめてしまったら使えなくなってしまうからです。

なのでドコモ関係のアプリ以外だったら、ラインでもゲームでも引き継ぐことができます。

ですがスマホを新しく買う場合、データの引き継ぎ設定が必要です。

例えばラインなら、右上の設定マークを押して「アカウント引き継ぎ」から引き継ぐ設定ができます。

同じようにゲームやスケジュールアプリなども、データを引き継ぎたい場合は各アプリから機種変更の設定をする必要があります。

今使っているiphoneなどをそのまま使う場合は、SIMカードを差し替えてもアプリが消えたりしないから、特に何もしなくてOKだぞ!

家のネットがドコモでも乗り換えてOK

家のネット回線をドコモ光にしているから、ドコモ乗り換えてもよいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、スマホを解約しても家のドコモ光は使い続けることができます。

ドコモの携帯とドコモ光は別のサービスなので、スマホを解約したら自動で解約されるということはありません。

ただし、基本料金から割引されるドコモ光セット割は、ドコモを辞めてしまうと使えなくなってしまいます。

ですがドコモ光セット割で割引した金額よりYmobileのほうが安いので、乗り換えたほうがお得になります。

ドコモ光セット割はドコモ光とドコモのスマホをセットにしたら、スマホ料金から割引があるサービスだ!

家のネットの料金がいきなり高くなる、なんてこともないのね。

ドコモからワイモバイルに乗り換えの手順

ドコモからワイモバイルに乗り換える手順を紹介します。

端末をそのままワイモバイルで使いたい人は、SIMロック解除をドコモ契約中にしておきましょう。

SIMロック解除をしてもスマホはそのまま何事もなく使えますし、ドコモを解約後にSIMロック解除をするとお金がかかってしまうからです。

解除料や残りの端末代金などを確認しておく

まず今のドコモの契約を確認し、解除料がいくらかかるか確認します。

調べ方は3つの方法があるので、あなたが一番楽だと思う方法でやってみてください。

  1. ドコモショップで聞く
  2. ドコモスマホから151に電話(通話料無料)
  3. My docomoにログイン

My docomoはスマホでもパソコンでも良いのでログインして「ご契約内容確認・変更」の2ページ目から更新月がみられます。

ほとんどの人は2年契約で、更新月以外に解約すると税別9500円の解除料がかかる契約をしていると思います。

そうそう、2年契約の解除料が高いから乗り換えをいつもあきらめてしまうの。

ここで「更新月まだ先だからまた今度でいいや」となるのがパターンなのですが、ワイモバイルは料金が安いので、更新月までの差額を計算したら解除料を払っても乗り換えたほうが安いです。

更新月がもうすぐな人以外は、Ymobileに乗り換える方向で考えてみてください。

でも、最近端末を買い替えた人は注意です!

残りの分割金は何円か、買い替えサポートを使った人はその解除料はかからないか、端末にかかる解除料をよく調べるようにしてくださいね。

電話番号を引き継ぐときはMNP予約番号を取得

今の電話番号をそのままYmobileで使いたい人は、MNP予約番号を発行します。

番号を新しくワイモバイルで取得する人は、MNP予約番号はいらないので次のステップに進んでください。

MNP予約番号発行も、先ほどの解除料を調べるのと同じ方法でできます。

  1. ドコモショップで聞く
  2. ドコモスマホから151に電話(通話料無料)
  3. My docomoにログインし「携帯電話番号ポータビリティ予約」から取得

ショップや電話では、「MNP予約番号の発行をお願いします」といえば発行してもらえます。

MNP予約番号とは10桁の番号で、この番号をワイモバイルで申込時に使えば、番号そのままで乗り換えができます。

ワイモバイルに切り替わった瞬間に自動解約となり、手数料として2000円(税別)が最後のドコモの支払いと一緒に請求になります。

MNP予約番号の期限は15日となっているので、取得したら15日以内にワイモバイルの申込みをしましょう。

15日過ぎたらどうなるの?ワイモバイルにしていなくても2000円かかっちゃうの?

ワイモバイルにしなくて期限が切れてしまっても、お金はかからないぞ。ただしそのMNP予約番号は使えないので、もう一回取り直す必要がある。

ワイモバイルに申し込みはオンラインの方が良い

ワイモバイルに申し込みをします。

店舗でもできますが、強制オプションや待ち時間がないネットで申し込みがおすすめです。

ワイモバイル公式サイトで端末を選び、名前などを入力して申し込みができます。

お手持ちのiphoneなどを持ち込む人は、ワイモバイル公式サイトの少し下の『SIM/SIMフリースマホ』からSIMカードのみを選択します。

端末を持ち込む人は、SIMカードのサイズを選ぶ欄があります。

iphoneなら『nano』を選んでください。アンドロイド端末の人はほとんどが『nano』ですが、昔の端末など一部はMicroの場合があるかもしれないので、お手持ちの端末のSIMカードを確認してみてください。

登録する時に確認書類が必要です。免許証などの確認書類と、引き落としたいクレジットカードを準備しておきましょう。

え?ネットに免許証をさらすってこと?

ワイモバイルに登録する時、登録内容にウソや間違いがないか確認するだけだからさらされることはない。
登録確認後はすぐに破棄される。

設定をして使えるようにする

ワイモバイルに登録が完了したら、自宅にSIMカードや端末が送られてきます。

開封したらすぐに使えるわけではなく、SIMカードを端末に挿して設定をして、初めて使えるようになります。

初期設定で準備するものはこちらです。

  • 送られてきたパンプレットとSIMカード、端末
  • SIMカードを差し替えるためのピン(なければクリップを広げて代用でOK)
  • iphoneを持ち込んだ人はWi-Fi環境

スマホやiphoneを買うと、SIMカードを差し込む部分を開けるためのピンがついてきます。ない人はクリップを広げれば代用できます。

iphoneをワイモバイルに持ち込んだ人は、構成プロファイルというソフトをダウンロードするため、Wi-Fi環境が必要になります。

自宅にWi-Fiがある人はいいが、ないひとは駅や図書館コンビニなど、無料Wi-Fiがあるところを事前に探しておこう。

Wi-Fiが必要なのは初期設定の時だけだし、カフェや家電量販店、友達の家でWi-Fiを使わせてもらうようお願いする方法もあるよね!

My Y!mobileやメール、Yahooサービスの設定のしかたは、こちらにも詳しく書いてあります。

→ワイモバイルスマホ初期設定方法

初期設定は難しい知識など必要ありません。わかりやすく書かれたパンフレットが一緒に送られてくるので、そのとおりにやれば15分くらいでできます。

MNP以外の人はドコモの解約を忘れずに

ワイモバイルで電話番号を新しく取得した人は、ドコモもまだ使えるようになったままになっています。

ドコモの契約が続いている限り料金が発生してしまうので、ワイモバイルに契約が終わったら、ドコモショップで解約の手続きを忘れないようにしてください。

なお電話番号を変えずにワイモバイルにした人は、ワイモバイルが開通した瞬間ドコモは自動解約となるため、解約の必要はありません。

注意すること

ドコモからワイモバイル乗り換える注意点はこちらです。

こんなはずじゃなかった…とならないよう、事前に知って対策しておきましょう。

ドコモのメアドは使えなくなる

いまドコモで使っている「〇〇◯@docomo.ne.jp」のメールアドレスは、ドコモを解約してしまうと使えなくなってしまいます。

最近はラインを使う人が増えてメールはあまり使わないかもしれませんが、親との連絡用だったりサイトに登録する時に使ったり、必要な場合もあると思います。

ワイモバイルでもメールはあるので、メールを使う人はワイモバイルのメールに変わります。

メールでやり取りしている人に“メアドが変わりました”の連絡や、サイトに登録しているメアドを変更をするとよいですね。

ワイモバイルでは2種類のメールアドレスがあり、友人や家族との連絡用なら「☆☆☆ymobile.ne.jp」のほうが優先度が高くおすすめだぞ!

ドコモで端末を買い替えたばかりの人は高額になるかも

ドコモの2年契約の解除料は9500円(税別)と高額ですが、ワイモバイルと料金の差額を考えれば、解除料を払っても乗り換えたほうがお得だとお話しました。

でも、ドコモで最近スマホを買い替えた人は要注意です。スマホの分割代金が残っているまま解約してしまうと、端末代が高額になる可能性があります。

またドコモの購入サポートを使ってスマホを買った人は、1年以内に解約をすると解除料が5万円かかる場合もあります。

端末の分割台が残っている人は残金や解除料をよく調べて、高額な人は乗り換えをちょっと待ってもいいかもしれません。

端末の残金や購入サポート解除料も、ドコモショップ・151・My docomoから調べられるぞ。

ドコモのポイントを残したいときはdアカウントのメアドを変更しておく

ドコモのポイントはドコモを解約してしまうと貯まらなくなってしまいますが、たまったポイントは残しておくことができます。

その方法は、ドコモを解約前にメアドを変更しておくことです。そうすると解約後もdアカウントにログインできるので、ポイントは消えずに引き継ぐことができます。

やり方はこちらにまとめたので、やってみてください。

参考
ドコモを解約してもポイントを使えるようにする方法を解説

dポイントはマクドナルドやローソン、ドラッグストアなど提携店はとても多く、残しておいたほうがお得なので設定しておきましょう。

ドコモからワイモバイルにするメリットと手順まとめ

ドコモからワイモバイルに乗り換えは、残りの端末代と解除料、メアドの変更とアプリの引き継ぎに注意しましょう。

注意点をおさえておけば、ワイモバイルはいいことがいっぱいです。iphoneの6s以降なら持ち込んで使うこともできます。

参考にして、ぜひワイモバイルに乗り換えて見てくださいね。

ワイモバイル公式サイトはこちら

ワイモバイルの今現在のキャンペーン一覧。キャンペーンならお得に乗り換え!

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-ドコモから乗りかえ, ワイモバイル

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.