DMMモバイル

DMMモバイルでドコモauソフトバンクのスマホやiPhoneが使えるか解説

投稿日:8月 8, 2017 更新日:

DMMモバイルでau・ソフトバンクの端末が使えるかについて、くわしく書き直しましたのでこちらへどうぞ。

↓↓↓auの方はこちら

DMMモバイルでauの端末はなぜ使えないのか?対処法は?

↓↓↓ソフトバンクの方はこちら

DMMモバイルでソフトバンクの端末は使えない?理由と対処法を解説。

DMMモバイルで今お使いのiphoneやスマホがそのまま使えると、面倒なデータ転送もなくてうれしいですね!

今お使いのiphoneやスマホが使えるか、ドコモauソフトバンク別で解説していきますね。

もくじから合うものを選べば、スルスルーっと行ってすぐに読めますよ!

ドコモのiphoneをお使いの方

ドコモのアイフォンをお使いの方は、こちらを見てくださいね。

ドコモで今までに販売されたiphoneはこちらです

iPhone X
iPhone 8
iPhone8 Plus
iPhoneX
iPhone 7
iPhone 7Plus
iPhone SE
iPhone6s
iPhone 6sPlus
iPhone 6
iPhone 6Plus
iPhone 5s
iPhone 5c

上に挙げたドコモのアイフォンはすべてDMMモバイルで使うことができます。

DMMモバイルはドコモの回線を借りる格安SIMなので、SIMロック解除をしなくても使えます。

ですがiphone6s以降の端末は、ドコモ契約中ならSIMロック解除が『My docomo』から無料でできるので、次に携帯会社を変える時のためにSIMロック解除をしておくのもよいかもしれません。

DMMモバイルに申し込み、詳細はこちらから見られます。

auのiphoneをお使いの方

auのiphoneをお持ちの方はこちらを見てください。

DMMモバイルで使えるかどうかはiphone6s以降の端末か、iPhone 6以前かで変わってきます。

iphone6s以降の端末

auで販売された、比較的新しいiphone6s以降のiphoneは以下の通りです。

iPhone X
iPhone 8
iPhone8 Plus
iPhoneX
iPhone 7
iPhone 7Plus
iPhone SE
iPhone6s
iPhone 6sPlus

上に挙げた端末をお持ちの方は、DMMモバイルの提供する電波とSIMロック解除に対応しているので、DMMモバイルで使うことができます。

ですが、auのアイフォンをDMMモバイルで使うことになるので、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除は、au契約中であればお客様サポートサイトの『My au』から無料でできます。

ショップでSIMロック解除をしてしまったり、先に解約をしてしまうと手数料が3000円必要になるので注意してください。

DMMモバイルに申し込み、詳細はこちらから見られます。

iPhone 6以前の端末

auで販売されたiPhone 6以前のアイフォンはこちらです。

iPhone 6
iPhone 6Plus
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s

上に挙げたアイフォンはSIMロック解除に対応していないため、残念ながらDMMモバイルで使うことができません

auのiPhone 6、iPhone 6Plus、iPhone 5s、iPhone 5cであれば、UQモバイルとマイネオで使えます。

会社名マイネオUQモバイル
特徴料金プランや契約後のサービスが豊富。ほかのユーザーとデータ量を無料で分け合えるフリータンクがある。
Aプランならauのスマホが使える。
通信速度がau並みに早いと好評。
通信速度を重視の方におすすめ。
詳細

加えて、DMMモバイルではiphoneは販売していませんが、iphone以外のスマホは販売しています。

DMMモバイル公式サイトで販売中のスマホを見られますので、探してみてくださいね。

ソフトバンクのiphoneをお使いの方

ソフトバンクのアイフォンをお使いの方は、こちらを見てくださいね。

ワイモバイルで使えるかどうかはiphone6s以降の端末か、iPhone 6以前かで変わってきます。

iphone6s以降の端末

ソフトバンクで販売された比較的新しいiphone6s以降のiphoneはこちらです。

iPhone X
iPhone 8
iPhone8 Plus
iPhoneX
iPhone 7
iPhone 7Plus
iPhone SE
iPhone6s
iPhone 6sPlus

上に挙げた端末をお持ちの方は、DMMモバイルの提供する電波とSIMロック解除に対応しているので、DMMモバイルで使うことができます。

ですが、auのアイフォンをDMMモバイルで使うことになるので、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除はお客様サポートサイトの『My Softbank』から無料でできます。

ショップでSIMロック解除をしてしまったり、先に解約をしてしまうと手数料が3000円必要になるので注意してください。

DMMモバイルに申し込み、詳細はこちらから見られます。

iPhone 6以前の端末

ソフトバンクで販売されたiPhone 6以前のアイフォンはこちらです。

iPhone 6
iPhone 6Plus
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s
iPhone 4
iPhone 3GS
iPhone 3G

上に挙げたアイフォンはSIMロック解除に対応していないため、DMMモバイルで使うことができません

ソフトバンクで販売されたiPhone 6以前の端末はソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。

ただしiPhone 4s、iPhone 4、iPhone 3GS、iPhone 3Gに関しては、対応する電波やSIMカードの違いから使えなくなっています。

最近はソフトバンク系の格安SIMが増えてきて、その中でおすすめの2社がこちらです

会社名マイネオラインモバイル
特徴料金プランや契約後のサービスが豊富。ほかのユーザーとデータ量を無料で分け合えるフリータンクがある。
Sプランならソフトバンクのスマホが使える。
ツイッターやインスタグラムなどのSNSが無料になるプランがある。
申し込みの時に「ソフトバンク回線」で申し込もう。
詳細

また、DMMモバイルではiphoneは販売していませんが、スマホは販売しています。

iphoneでなくてもOKというかたは、DMMモバイル公式サイトで販売中のスマホを見られますので、探してみてくださいね。

ドコモのスマホをお使いの方

ドコモのandroid端末をお使いの方であれば、iPhone同様そのままDMMモバイルで使うことができます。ただしデザリングはできなくなる可能性があります。

SIMロック解除無しでも使えますが、どこの格安SIMでも使えるようにSIMロック解除をしておくのが良いかもしれません。

公式ホームページ『My docomo』ならSIMロック解除が無料でできます。

ドコモ契約中ならSIMロック解除は無料ですが、ドコモ解約後は有料になってしまうので注意です。

DMMモバイルは今のところ、3G専用端末でも使うことができます。

DMMモバイルに申し込み、詳細はこちらから見られます。

auのスマホをお使いの方

DMMモバイルはドコモに通信網を借りて運営されていますが、ドコモとauは通信方式が違うため、残念ながらauのandroid端末をそのままDMMモバイルで使うことはお勧めできません

詳しく言うと、au公式サイトのau端末の対応周波数一覧と、ドコモ公式サイトのドコモ端末の対応周波一覧を見るとわかります。


↑au

↑ドコモ

LTE通信でau端末は700MHz・800MHzのバンド18/26が使われているのに対し、ドコモ端末は700MHzは使われている端末はありますが、800MHzのバンド18/26は使われておらず、800MHzのバンド19に対応しています。

加えてドコモが3G通信でW-CDMAという通信方式を使っているのに対し、auはCDMA2000という通信方式を使っています。

auの端末周波数一覧を見ると、W-CDMAの2.0GHzに対応している機種としていない機種があるようです。

仮に対応していたとしても、他の周波数に対応せず2.0GHz帯だけというのもかなり不安ですね。

電波の周波数が合わないということは、使えないか使えても通話ができないなどの弊害がでる可能性が高いです。

安くても使えなければ意味がないので、やめておいたほうが良いでしょう。

auのandroid端末を格安スマホで使いたい方のおすすめ格安SIMは、こちらに書いてあるので読んでみてください。

au系の格安SIM3社、UQモバイルとmineo、IIJmioを徹底比較

現在auでスマホを契約していて、このスマホをそのまま格安SIMに乗り換えてからも使いたい。そんな時に、乗り換え先は一体ど ...

Softbankのスマホをお使いの方

Softbankのアンドロイド端末をお使いの方は、SIMロック解除可能な端末であれば使えるけども、使えなくなるエリアが出てくる可能性があります。

詳しくはソフトバンク端末の対応周波数一覧と、ドコモ端末の対応周波一覧を見比べてみてください。

↑ソフトバンク

↑ドコモ

ソフトバンクの端末は900MHzが使われており、iphoneとiPadを除き、残念ながらドコモの800MHzには対応していません。

800MHzはFOMAプラスエリアに当たる周波数なので、FOMAプラスエリアしか入らない地域では使えないことになりますね。

ですがその他の1.7GHzのハンド3や2.0GHzのバンド1で使える端末もいくつかあります。

ソフトバンクのandroid端末をDMMモバイルでそのまま使うのは“端末によるができなくはないけども、使うエリアが限られてくる可能性があるのでやめておいたほうが無難”ということになります。

会社名ワイモバイルマイネオラインモバイル
特徴ソフトバンクの子会社なので通信速度に定評があり、店舗数も多い。
SIMロック解除が可能なスマホのみ使える
料金プランや契約後のサービスが豊富。ほかのユーザーとデータ量を無料で分け合えるフリータンクがある。
Sプランならソフトバンクのスマホが使える。
ツイッターやインスタグラムなどのSNSが無料になるプランがある。
申し込みの時に「ソフトバンク回線」で申し込もう。
詳細
公式サイト

公式

公式

公式

会社によりSIMロック解除が必要だったり、対象端末ではないものもあるので、対象端末一覧から調べることをおすすめします。

DMMモバイル公式サイトで販売中のスマホを見られますので、探してみてくださいね。

まとめ

もし今お手持ちの端末がDMMモバイルで使えなくても、他社格安SIMで使えるもしれません。

また、DMMモバイルではスマホ端末を販売もしています。

au・ソフトバンクなど「持っているスマホが使えなかった」という方は、こちらもチェックしてみてくださいね。

⇒DMMモバイルで販売中のスマホはこちら

注意

この記事の内容・情報は常に正確であることを確認したうえで作成しておりますが、著者がすべての端末の動作確認をしたわけではございません。

お手持ちの端末が必ず使えることを保証するものではありません。ご了承ください。

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-DMMモバイル

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.