ナットクできる格安スマホ解説サイト『なとすま』

auから乗りかえ

auの3Gサービス終了で携帯が使えなくなる人におすすめの対処法

投稿日:

2022年3月でauの3G通信「CDMA 1X WIN」の提供が終了し、auの3G端末またはVoLTE非対応の携帯電話やスマートフォンが使えなくなります。

今現在3GまたはVoLTE非対応の携帯電話やスマートフォンをお使いの方は、お困りの方も多いでしょう。

この記事では、auの3Gサービス終了で携帯が使えなくなる人におすすめの対処法と、今とほとんど変わらない料金で使える格安SIM・端末を紹介します。

お手持ちの端末が3G端末またはVoLTE非対応かどうかわからないかたは、こちらでチェックしてみてください。

auのVoLTE対応機種とVoLTE非対応端末まとめ。

とりあえず様子を見る

2022年3月で今お使いの端末が使えなくなりますが、まだ時間はあります。

まだわかりませんが2022年3月までに、auが新たな施策を出す可能性は十分に考えられます。

もしかしたら人によっては、機種変更で値引きのDMが来るかもしれません。

auがどんな施策をするのかはまだ不明ですが、2022年3月いっぱいまでは使えるわけですし、もう少し様子を見ても良いかなと思われます。

auで機種変更する

今auでは3G端末・VoLTE非対応端末をお使いの方向けのサービスが始まっています。

2019年2月現在、auで3G端末・VoLTE非対応端末をお持ちの人向けのお得なサービスはこちらです。

  • 対象者の機種変更の事務手数料2000円が無料
  • 対象者で初めてスマホに変えた人は、電話や遠隔操作で使い方を教えてくれる『初スマホ安心サポート』が無料
  • 対象者がピタッとプラン+カケホorスーパーカケホにすれば、1年間月額1000円割引
  • 対象者が60歳以上でBASIO3 KYV43またはLG it LGV36にすれば、1年間↑に加えて更に1000円割引

G端末・VoLTE非対応端末をお使いの方が機種変更すれば、本来2000円かかる手数料が無料に無料になるのに加え、基本料金も翌月から1年間1000円割引してもらえます。

また60歳以上の人でかんたんスマホ、BASIO3 KYV43またはLG it LGV36にすれば、さらに月額1000円割引という特典もあり、60歳以上の方はとてもお得に使うことができます。

auショップに行けば実際触って確かめることもできるので、機種変更をお考えであればauショップに足を運んでみるとよいですね。

格安SIMに乗り換えを検討する

機種を変えてしまうとほとんどの人が今の料金プランを引き継げません。そのため、今より維持費が高くなるのがネックだと言う人はとても多いです。

その点格安SIMなら月額が安いので、今とあまり変わらない価格でスマホを持つこともできます。

長く使ったauと会社を変わることになるため、不安なこともあると思いますが、格安SIMのシェアはどんどん広がってきています。

参考
初めて格安SIMを使う人へ。格安SIMと大手の違いは1つだけ!

格安SIMを使う人は多いの?なんと意外な結果が!

今までとあまり変わらない価格で持つことができる格安SIMと端末を紹介します。

今とほとんど変わらない料金で使える格安SIMと端末

UQモバイル DIGNO Phone

UQモバイルはauの子会社で、auからの乗り換えには適しています。

OS Android 5.1.1(Google Play非対応)
CPU Qualcomm Snapdragon 210
メモリ 1GB
ストレージ容量 8GB/td>
画面 3.4インチ
カメラ アウトカメラ:800万画素
重さ 130g
おサイフケータイ ×
防水
ジャイロセンサー ×
指紋認証 ×

UQモバイルで携帯電話型の端末が、京セラ社製のDIGNO Phoneです。

携帯電話の形ですが、2022年以降も使い続けることができます。

DIGNO Phoneを購入してデータ量3GB、無料通話付きの料金プランにした時の毎月の料金は、月々2138円~となります。

UQモバイルでDIGNO Phoneは分割払いで毎月864円の24回払い(初回のみ972円)となっています。

でも基本料金から値引きしてもらえる『マンスリー割』で864円値引きされるので、実質108円でDIGNO Phoneが購入できることになります。

au 3G 終了
実質108円!やすーい!!使い慣れた携帯の形だし、これなら安心して使えそう!

注意点としてこの料金プランは最初の1年間のイチキュッパ割が適用された価格なので、14ヶ月目から基本料金が1000円値上がりします。

また、乗り換えの際の新規事務手数料やauの手数料などは別途必要です。

DIGNO PhoneはUQモバイル公式サイトから詳しく見られます。

 

UQモバイル ARROWS PREMIUM

UQモバイルでワンセグ防水おサイフケータイ付きなのに、DIGNO Phoneと同じ実質108円で買えるのが、富士通のARROWS PREMIUM(アローズプレミアム)です。

OS Android 7.1
CPU Snapdragon 410
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
画面 5インチ、1,280×720
カメラ アウトカメラ:1,310万画素

インカメラ:500万画素

重さ 148g
おサイフケータイ
防水
ジャイロセンサー
指紋認証 ×

ARROWS PREMIUMを購入してデータ量3GB、無料通話付きの料金プランにした時の毎月の料金は、月々2138円~となります。

UQモバイルでARROWS PREMIUMは分割払いで毎月1296円の24回払い(初回のみ1404円)となっています。

でも基本料金から値引きしてもらえる『マンスリー割』で1296円値引きされるので、実質108円でARROWS PREMIUMが購入できることになります。

au 3G通信
ARROWSシリーズは他にもあるが、ARROWS PREMIUMはUQモバイルだけの専売で、メモリとストレージ容量のスペックが高いメリットがあるぞ!

注意点としてこの料金プランは最初の1年間のイチキュッパ割が適用された価格なので、14ヶ月目から基本料金が1000円値上がりします。

また、乗り換えの際の新規事務手数料やauの手数料などは別途必要です。

ARROWS PREMIUMはUQモバイル公式サイトから詳しく見られます。

 

マイネオ ZenFone Max

マイネオは月々の料金が安く、au回線のAプランなら500MBで1310円で使えます。

UQモバイルは14ヶ月後から基本料金が2980円なので、月々の維持費はUQモバイルの半分程度になります。

その反面、端末を買った時の値引きはないので、端末代はUQモバイルに比べ高くなってしまいます。

マイネオで販売されている端末の中で、安くておすすめなのはこちらです。

OS Android 8.0
CPU Snapdragon 430
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
画面 5.5インチ、1,440×720
カメラ アウトカメラ:1,300万画素+800万画素

インカメラ:800万画素

重さ 150g
おサイフケータイ ×
防水 ×
ジャイロセンサー
指紋認証

ASUS社のZenFone Max(ゼンフォンマックス)は150gと軽量ながら、バッテリー容量が大きいのが特徴です。

2,000〜3,000mAh程度の機種が多い中4,000mAhもの大容量なので、電池持ちが良いため長時間使い続けられるのが魅力です。

連続待受は最大38日間、ネットサーフィンは23.6時間ほど続けられると公式で言われています。

ZenFone Maxの価格はこちらです。

一括払い 19,800円
分割払い 825円/月×24カ月

一括払いなら19,800円、分割なら825円の24回払いで、基本料金に上乗せして支払います。

マイネオの料金プランの中で一番安くておすすめのAプランはこちらです。

例えば一番安い500MBに24回払いを合わせれば、2135円~となります。

データ容量 音声通話SIM
500MB 1,310円
3GB 1,510円
6GB 2,190円
10GB 3,130円
20GB 4,590円
30GB 6,510円

月々の支払いは基本料金+端末代で、端末代を払い終われば基本料金だけで持つ事ができます。

料金は高くなったりすることはなくずっと変わりませんし、途中で変更もできます。

au 3G終了
マイネオなら、端末代さえ払い終われば安く使い続けることができる。月々の維持費をメインに考える人はマイネオがおすすめだ!

ZenFone Maxやマイネオは、詳しくは公式サイトから見られます。

 

2019年3/31まで BIGLOBEモバイル P20 lite

BIGLOBEモバイルでは2019年3/31まで、比較的スペックの良い人気の端末、P20 liteがとても安くなるキャンペーンをやっているので紹介します。

ファーウェイ社のP20 liteは基本的に2万円台後半、格安スマホ会社によっては3万円を超えてしまうケースもあります。

でもキャンペーンを利用すれば毎月640円×24ヶ月の15360円、加えて新規手数料3000円とSIMカード準備料394円が無料になります。

OS Android 8.0
CPU Kirin659
メモリ 4GB
ストレージ容量 32GB
画面 5.84インチ、2,280×1,080
カメラ アウトカメラ:1,600万画素+200万画素

インカメラ:1,600万画素

重さ 145g
おサイフケータイ ×
防水 ×
ジャイロセンサー
指紋認証

P20 liteは、各種性能が高めに設定されています。

特にメモリとCPUの性能が高めで、たくさんアプリを起動するなどしても動作はサクサク、ストレスが溜まるもたつきが起こりにくくなっています。

またP20 liteはダブルレンズを搭載していて、背景ボケのある綺麗な写真を撮影できるメリットがあります。

1,600万画素の高い画素数に加えて自動で光と影を調節し、綺麗な自撮り写真を撮影できます。

BIGLOBEモバイルでP20 liteを買うと、安く端末を持てるアシストパック1240円から、更に600円値引きしてもらえるキャンペーンをやっています。

そのため、期間限定でP20 liteが安く、しかも初期費用が無料で持つことができます。

ビッグローブモバイルの料金プランはこちらです。

例えば一番安い1GBの1400円に640円の24回払いを合わせれば、2040円~となります。

データ容量 音声通話SIM
1GB 1,400円
3GB 1,600円
6GB 2,150円
12GB 3,400円
20GB 5,200円
30GB 7,450円
au 3G
6GBならマイネオより安いのね。高スペックスマホを持つ期間限定のチャンスだわ。

月々の支払いは基本料金+端末代で、端末代を払い終われば基本料金だけで持つ事ができます。

料金は高くなったりすることはなくずっと変わりませんし、途中で変更もできます。

注意点として、24ヶ月以内の解約やMNP転出をすると、アシストパック解除料が1240円×残りの月分かかっていしまいます。

24ヶ月以内の解約やMNP転出には気をつけましょう。

ビッグローブモバイルのP20 liteとキャンペーンは、公式サイトから見られます。

 

auの3G終了で携帯が使えなくなる人におすすめの対処法まとめ

2022年3月お使いの端末が使えなくなると言われると焦ってしまいますが、すぐ使えなくなるわけではないですし様子を見てもよいでしょう。

様子を見つつauの施策を待ったり、格安SIMのお得なキャンペーンをじっくり探すと良さそうです。

焦らずにゆっくり、自分にあう方法が見つかるとよいですね。

auから格安SIMに乗り換える注意点と手順を全部まとめ

auから格安SIMに乗り換えのおすすめはどこ?比較ランキング

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-auから乗りかえ

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.