ナットクできる格安スマホ解説サイト『なとすま』

auから乗りかえ

auのVoLTE対応機種と対応SIMカード一覧まとめ。

投稿日:10月 2, 2017 更新日:

2022年3月末以降、3G通信は終了することがauから発表されました。そのため、2022年4月からはauもau系の格安SIMも、VoLTE非対応の端末は使えなくなります。

auから格安SIMに乗り換える時、ちょっとややこしいのがVoLTE(ボルテ)対応端末です。

お手持ちのスマホやiphone端末がVoLTE対応だった場合は、一部を除きSIMロック解除をすればau系の格安SIMで使うことができます。

この記事では、VoLTE対応の機種とVoLTEに対応していない端末、格安SIMで選ぶSIMカードの種類について解説します。

VoLTEとは?

VoLTEの説明はもういいよという方は、読み飛ばしてください。

VoLTEとは、簡単に言うとクリアな音声で通話ができる機能のようなものです。

今スマートフォンで使われている回線の種類は3Gと4G(LTE)の2種類あり、通信は4G(LTE)、通話は3G回線が使われていました。

3G回線は強いですが速度が遅いというデメリットがあったため、切り替えに時間がかかったり通話中に通信を使うと速度が落ちるなどの問題点がありました。

そこで4G(LTE)回線を使った通話ができるようにしたのがVoLTEです。VoLTEの登場により、通話品質の向上や速度の改善ができるようになりました。

2022年3月末に3G通信が終了することが正式に発表されました。このため、VoLTE非対応の端末は2022年4月から使えなくなります。VoLTE非対応の端末の方は注意してください。

VoLTEに対応した端末はauでは2014年から発売されています。

ですが、格安SIMに乗り換える際、auのVoLTE対応端末はちょっと曲者なんです。

auのVoLTE対応端末にはauのVoLTE対応SIMカードしか使えない

ちょっとややこしいところですが、大事なので順に説明しますね。

auのVoLTE対応端末は、auのVoLTE対応SIMカード以外相関性がないため使えません。auの端末はau系の格安SIMでは使えるのが普通ですが、VoLTE対応端末は別です。

しかも、auのVoLTE対応SIMカードでもそのままでは使えないのです。

どうすれば使えるようになるかというと、SIMロック解除です。VoLTE対応端末はSIMロック解除をしないと、格安SIMでは使えません

SIMロック解除後に使えるのは、au系格安SIM(UQモバイル、マイネオ、IIJなど)のVoLTE対応のSIMカードです。どのSIMカードを選ぶかは後述しますが、間違えないようにしてください。

VoLTE対応端末はドコモやソフトバンクでも販売されていますが、auのVoLTE対応端末とドコモ・ソフトバンクのVoLTE対応端末は別物です。SIMロック解除をしても、au系の格安SIM以外では使えないので注意してください。

ただしiphone(6s以降)は別です。iphone(6s以降)の場合SIMロック解除をすれば携帯会社問わず同じ端末なので、どの格安SIMでも使うことができます。

ポイント


【auのVoLTE対応端末のルール】

androidのVoLTE対応端末⇒SIMロック解除をしたら、au系の格安SIMで使える
iphoneのVoLTE対応端末⇒SIMロック解除をしたら、どの格安SIMでも使える
対応するSIMカードを間違えないようにする

以上を覚えておけば間違いありません。

VoLTE対応端末一覧はこちら

2018年11月現在のauのVoLTE対応端末一覧はこちらです。

iPhoneがそれ以外かで違うので、お手持ちの方を選んでご覧ください。

⇒VoLTE対応のiPhone

⇒VoLTE対応スマホ(Android)、ケータイ

VoLTE対応のiPhone

VoLTEに対応しているiPhoneは以下の通りです。

VoLTE対応iPhone

iPhoneX以降の最新端末
iPhone X
iPhone 8
iPhone8 Plus
iPhone 7
iPhone 7Plus
iPhone SE
iPhone6s
iPhone 6sPlus
iPhone 6
iPhone 6 Plus

上の表にお手持ちの端末があれば、VoLTEに対応しているので、2022年4月以降も使い続けることができます。

格安SIMに乗り換えても同様に使えますが、iPhone 6/iPhone 6 Plusの人はちょっと注意してください。

iPhone 6
iPhone 6 Plus
SIMロック解除に対応していないので、マイネオとUQモバイルのみ使える
iPhone6s以降の人 SIMロック解除をすれば、
どこの格安SIMでも使える

iPhone 6/iPhone 6 Plusの2機種は、VoLTE対応でもSIMロック解除に対応していない端末になっています。

iPhone 6/iPhone 6 Plusの2機種は、UQモバイルの『nanoSIM(専用)』と、マイネオの『nanoSIM』であれば、格安SIMでも使うことができます。

でも、UQモバイルの『nanoSIM(専用)』と、マイネオの『nanoSIM』はVoLTE対応のSIMカードではありません。3G回線を使って通話をするSIMカードになります。

そのため2022年4月以降は通話が使えなくなってしまいます

VoLTE au
iPhone 6/iPhone 6 Plusの人は、マイネオかUQモバイルなら使えるけど、2022年4月以降は使えなくなる、ということね。
悩ましいわ。
VoLTE au
マイネオUQモバイルもiPhoneを販売しているから、今乗り換えておいて2022年4月までに機種変更、という方法もあるぞ!

auのVoLTEのややこしいところなのですが、iPhone 6/iPhone 6 Plusで格安SIMに乗り換える人は、よく注意してください。

iPhone6s以降の人は、SIMロック解除をすればどの格安SIMでも利用できます。

au系以外でも、ドコモ系のDMMモバイルやソフトバンク系のワイモバイルでも使えますし、2022年4月以降も使えます。

SIMロック解除のしかたはこちらに書いているので、au契約中にやっておきましょう。

auのスマホやiPhoneをSIMロック解除する方法と手順を解説。

今お手持ちのauのスマホやiphoneを格安SIMで使いたい時、SIMロック解除が必要な場合があります。 auのスマホや ...

VoLTE対応のスマホ(Android)、ケータイ

2018年11月現在、VoLTE対応のスマホ(Android)、ケータイはこちらです。

2016年春以降、VoLTEに対応しないスマホはほとんど販売されていませんが、買った時期が思い出せない人はチェックしてください。

ガラケー型スマホや、子供向けのmamorinoは対応していない可能性があります。

格安SIMで使える端末(SIMロック解除必須)
auブランドモデル INFOBAR xv
Qua phone QZ
Qua phone QX
Qua phone PX
Qua phone
HTC HTC U11 HTV33
HTC 10 HTV32
HTC J butterfly HTV31
KYOCERA かんたんケータイ KYF38
GRATINA KYF37
MARVERA KYF35
かんたんケータイ KYF36
TORQUE G03
GRATINA 4G KYF34
miraie f
URBANO V03
かんたんケータイ KYF32
GRATINA 4G KYF31
DIGNO(R) rafre KYV36
URBANO V02
TORQUE G02
LG Electronics LG it LGV36
isai V30+ LGV35
isai Beat LGV34
isai vivid LGV32
SAMSUNG Galaxy Note9 SCV40
Galaxy S9 SCV38
Galaxy S9+ SCV39
Galaxy Note8 SCV37
Galaxy S8 SCV36
Galaxy S8+ SCV35
Galaxy S7 edge SCV33
Galaxy A8 SCV32
Galaxy S6 edge SCV31
SHARP AQUOS sense2 SHV43
AQUOS R2 SHV42
BASIO3
AQUOS K SHF34
AQUOS sense SHV40
AQUOS R compact SHV41
AQUOS R SHV39
AQUOS SERIE mini SHV38
AQUOS U SHV37
BASIO2
AQUOS K SHF33
AQUOS U SHV35
AQUOS SERIE SHV34
AQUOS SERIE mini SHV33
AQUOS K SHF32
AQUOS SERIE SHV32
キッズケータイ mamorino4
Sony Mobile Communications Xperia XZ3 SOV39
Xperia XZ2 SOV37
Xperia XZ2 Premium SOV38
Xperia™ XZ1 SOV36
Xperia™ XZs SOV35
Xperia™ XZ SOV34
Xperia™ X Performance SOV33
Xperia™ Z5 SOV32
Xperia™ Z4 SOV31
HUAWEI HUAWEI P20 lite HWV32
HUAWEI nova 2 HWV31

上の表にお手持ちの端末があれば、VoLTEに対応しているので、2022年4月以降も使い続けることができます。

格安SIMに乗り換えることもできますが、SIMロック解除をしないと使えません。

au契約中にSIMロック解除をして、au系の格安SIMに乗り換えという流れになります。SIMロック解除のしかたはこちらを読んでみてください。

auのスマホやiPhoneをSIMロック解除する方法と手順を解説。

今お手持ちのauのスマホやiphoneを格安SIMで使いたい時、SIMロック解除が必要な場合があります。 auのスマホや ...

VoLTE au
au系以外の格安SIMは使えなのかしら?
VoLTE au
auのスマホをドコモ系やソフトバンク系の格安SIMで使うと、対応する電波が違うため、つながらないなどの不具合が出る可能性が高いんだ。
それから、auのVoLTEとドコモ・ソフトバンクのVoLTEは別物のため、通話もできなくなってしまう。

auのAndroid端末やスマホは、SIMロック解除をした後au系の格安SIMで使うことができます。

auのAndroid端末やスマホを、SIMロック解除をした後使える格安SIMはこちらです。

VoLTE対応で、SIMロック解除ができない端末

次に、VoLTE対応端末で、SIMロック解除に非対応のため格安SIMでは使えない端末の表です。

格安SIMで使えない端末
iida INFOBAR A03
KYOCERA BASIO
URBANO V01
LG Electronics isai VL LGV31
SHARP AQUOS SERIE mini SHV31

上の表の端末はVoLTE対応端末でありながらSIMロック解除に対応していません。SIMロック解除をしないとauのVoLTE対応端末は使えないので、残念ながら格安SIMではつかうことができません。

ですが格安スマホは、端末とSIMカードのセット販売で安く買うことができます。24回払いの分割払いもクレジットカードがあれば可能です。

au系にこだわる必要もないですし、自分に合いそうなよい格安SIMと端末を探して見てくださいね。

⇒おすすめの格安SIMランキングでよい役安SIMを探してみる!

VoLTE非対応端末一覧はこちら

VoLTEに対応していない、VoLTE非対応端末はこちらです。

以下の中にお手持ちの端末があれば、2022年4月以降使えなくなってしまいます。

iPhone iPhone 5c
iPhone 5s
iPhone 5
iPhone 4s
3G専用スマホ E30HT E31T E31TF EIS01PT IS01 IS02 IS03 IS04 IS05 IS06 IS11CA IS11LG IS11N IS11PT IS11S IS11SH IS11T IS12F IS12M IS12S IS12SH IS12T IS13SH IS14SH IS15SH IS17SH ISW11F ISW11HT ISW11K ISW11M ISW11SC ISW12HT ISW13F ISW13HT ISW16SH KYY04 SHX11 SHX12
LTEスマホ CAL21 FJL21 FJL22 HTL21 HTL22 HTL23 HTX21 KC01 KYL21 kYL22 KYL23 KYY21 KYY22 KYY23 KYY24 LGL21 LGL22 LGL23 LGL24 LGL25 PTL21 SCL21 SCL22 SCL23 SCL24 SHL21 SHL22 SHL23 SHL24 SHL25 SOL21 SOL22 SOL23 SOL24 SOL25 sOL26
LTEケータイ AQUOS K SHF31
ガラケー CA001 CA002 CA003 CA004 CA005 CA006 CA007 CAY01 E02SA E03CA E05SH E06SH E07K E08T E09F E10K EY01K EY02K EY03K F001 H001 HIY01 HIY02 K001 K002 K006 K007 K009 K011 KYX02 KYX03 KYX04 KYY03 KYY06 KYY08 KYY09 KYY10 NS01 NS02 P001 PT003 S001 S002 S003 S004 S005 S006 S007 SA001 SA002 SH001 SH002 SH003 SH004 SH005 SH006 SH007 SH008 SH009 SH010 SH011 SHY01 SOX01 SOX02 SOY01 SOY02 SOY03 SOY04 SOY05 T001 T002 T003 T004 T005 T006 T007 T008 TSX04 TSX05 TSX06 TSY01 W32H W32S W41CA W41H W41S W41SH W42CA W42H W42S W42SA W43CA W43H W43K W43S W43SA W44K W44S W44T W45T W46T W47T W51CA W51H W51K W51P W51S W51SA W51SH W51T W52CA W52H W52K W52P W52S W52SA W52SH W52T W53CA W53H W53K W53S W53SA W53T W54S W54SA W54T W55SA W55T W56T W61CA W61H W61K W61P W61PT W61S W61SA W61SH W61T W62CA W62H W62K W62P W62S W62SA W62SH W62T W63CA W63H W63K W63S W63SA W63SH W63T W64K W64S W64SA W64SH W64T W65K W65S W65T
かんたんケータイ W62PT
PT002
PT001
K012
K010
K008
K005
K004
K003
キッズケータイ mamorino3
mamorino2
mamorino

上の表にお手持ちの端末があれば、2022年4月以降使えなくなってしまいます。

とはいえまだ期間はありますし、とりあえず様子をみて、あせって変えなくてもよいと思います。

auの3Gサービス終了で2022年4月以降、携帯が使えなくなる人におすすめの対処法を別記事でまとめたので、こちらも読んでみてください。

auの3Gサービス終了で携帯が使えなくなる人におすすめの対処法

2022年3月でauの3G通信「CDMA 1X WIN」の提供が終了し、auの3G端末またはVoLTE非対応の携帯電話や ...

auのvolte対応端末で使える格安SIMとSIMカードの種類

auのVoLTE対応端末が使える格安SIM会社と、対応するSIMカードの種類をまとめました。SIMカードを間違えると使えない可能性もあるので注意して下さい。

↓横にスクロールします。

会社名 マイネオ UQモバイル 楽天モバイル IIJmio ビッグローブモバイル
選ぶプラン Aプラン au回線 タイプA タイプA
対応するSIMカード au VoLTE対応SIM マルチSIM nano nanoSIM nanoSIM
特徴 料金プランは最安。契約後のサービスが豊富。 通信速度がau並みに早いと好評。
通信速度を重視の方におすすめ。
楽天ポイントがたまる使える。スーパーボーナスはau回線はない。 家族割が充実。家族全員の乗り換えにおすすめ。  動画見放題プランがある。You Tubeやニコ動をよく見る人におすすめ。
詳細 ⇒マイネオ ⇒UQモバイル ⇒楽天モバイル ⇒IIJmio ⇒ビッグローブモバイル

料金が一番安いのはマイネオで、マイネオはユーザーも多くサービスも充実しているので、迷ったらマイネオがおすすめです。

通信速度が速いのはUQモバイルがダントツです。料金はこの中では高めですが、速度が速い格安SIMを選びたい人は、UQモバイルを選んだほうがよいです。

一社ずつ特徴を解説します。

マイネオ

mineo(マイネオ)

マイネオの特徴

料金はau系の中で一番安い

ユーザー同士でパケットを分け合える

公式のコミュニティサイトなど、公式サイトが充実

●料金の一例

500MB 1,310円
3GB 1,510円
6GB 2,190円
30GB 6,510円

マイネオではドコモauソフトバンクの3キャリアに対応しており、その中でAプランならauの端末が使えます。

VoLTEに対応するSIMカードは『au VoLTE対応SIM』になります。

Aプランの料金はau系格安SIMの中でも一番安く、500MBから30GBまで幅広く対応しています。

料金は長く使っても高くなることはなく、通話SIMだと1年間使えば、あとの2年縛りもありません。

格安SIMがはじめての人にも、たくさん使いたいヘビーユーザーにも適しています。

マイネオの大きな特徴は『フリータンク』という独自サービスです。マイネオのユーザー同士で余ったパケットを分け合うシステムで、パケットを使いすぎても、条件はありますがフリータンクから引き出せば無料で使えます。

マイネオの公式サイトと詳細はこちらです。

UQモバイル

UQモバイルの特徴

通信速度がauくらい早いと大好評

基本料に無料通話つき

口座で支払いもできる

●料金の一例

2GB
(最初の2年は3GB)
1980円~
6GB
(最初の2年は9GB)
2980円~
14GB
(最初の2年は21GB)
4980円~

UQモバイルはauの子会社の格安SIMです。

VoLTEに対応するSIMカードは『マルチSIM』になります。

UQモバイルはauの子会社のためか、通信速度が速いととても好評です。特に遅くなりやすい昼時でも、UQモバイルは常に安定しています。

他社格安SIMと比べると料金が高いですが、au並の通信速度がauより安く使えるのですからかなりお得です。

料金プランは無料通話付きのプランになっているので、通話を良くする人にもおすすめです。

au のりかえ
無料通話はいらないから、もう少し安くならないかしら?
au のりかえ
という人は、データ高速プランがあるぞ!

UQモバイルにはデータ高速プランという、無料通話がないプランもあります。

データ量は3GBしかないのですが、通話付きの3GBが1680円(税別)と安く使えます。しかも2年縛りはありません。

無料通話がいらない人は、データ高速プランがおすすめです。

UQモバイルの公式サイトと詳細はこちらです。

楽天モバイル



楽天モバイルの特徴

楽天ポイントがたまるし、支払いに使える

通話SIMなら楽天市場のお買い物がポイント+2倍

口座で支払いもできる

●料金の一例

ベーシックプラン 1250円
3.1GB 1600円
5GB 2150円
30GB 6150円

楽天モバイルではau回線も使えるようになりました。料金プランの『組み合わせプラン』のau回線を選んでください。

一番安いベーシックプランは使わない人向けのプランなので、通信速度がかなり遅いです。普通に使いたい人は3.1GBプランの 1600円が最小のプランになります。

SIMカードは『nano』の一種類だけで、VoLTE対応端末が使えます。

楽天モバイルは楽天の格安SIMで、楽天ポイントが貯まることが強みです。支払いにポイントが使えるので、少額の楽天ポイントの使い道にもぴったりです。

通話SIMなら持っているだけで楽天市場でお買い物がポイントが+2倍なので、楽天を使う人におすすめです。

au のりかえ
プラス2倍って、つまりどういうこと?
au のりかえ
プラス2倍とは、ポイント2倍デーなら4倍、ポイント5倍の時は7倍になるということだ!

手数料はかかりますが、口座で支払いにも対応しています。新規契約のときに口座振替の登録もできるのは楽天モバイルだけです。

楽天モバイルの公式サイトと詳細はこちらです。

IIJmio

IIJmioの特徴

家族通話が安い

データの分け合いプランも豊富

通信が比較的安定している

●料金の一例

3GB 1600円
6GB 2220円
10GB 3260円

IIJmio(アイアイジェイミオ)ではタイプAを選べばau回線が使えます。

SIMカードは『nanoSIM』の一種類だけで、VoLTE対応端末が使えます。

IIJmioはシェアプランが豊富な会社で、他社にない特徴は、家族間通話が最大30分無料のプランがあることです。

自社の通信設備も持っているため、通信速度も比較的安定しています。

お家のネット回線がIIJmioの人は、携帯もIIJmioにすれば割引でさらに安くなります。

IIJmioの公式サイトと詳細はこちらです。

ビッグローブモバイル

ビッグローブモバイルの特徴

BIGLOBE会員は月額200円引き

動画見放題のプランがある

●料金の一例

1GB 1,400円
3GB 1,600円
6GB 2,150円
30GB 7,450円

ビッグローブモバイルでは、タイプAを選べばau回線が使えます。

SIMカードは『nanoSIM』の一種類だけで、VoLTE対応端末が使えます。

ビッグローブモバイルは通信会社のビッグローブの格安SIMで、料金プランも豊富にそろっています。

You Tubeやニコニコ動画、abemaTVなどの動画サイト見放題のプラン『エンタメフリー・オプション』があるのも特徴です。

au回線でエンタメフリーが使える格安SIMはビッグローブモバイルだけなので、動画をよく見る方は特におすすめです。

IIJmioの公式サイトと詳細はこちらです。

iPhone6s以降の人は、au系以外でも使える

大事なので何回か言ってますが、iPhone6s以降の端末をお持ちの人は、SIMロック解除をすればどの格安SIMでも使えるようになります。

au系にこだわる必要はなく、例えばラインモバイルのソフトバンク回線でも使えるのです。

au のりかえ
どうしてどの格安SIMでも使えるのかしら?
画像名
iPhone6s以降は対応する電波が多く、ドコモ系・au系・ソフトバンク系どの格安SIMでも安定して使うことができるんだ。
でも、SIMロック解除をしないと使えないぞ!

SIMロック解除はau契約中なら、『my au』から無料でできます。auを解約してしまうと3000円かかってしまいますし、100日を過ぎればできなくなってしまうんです。

auから乗り換え前に、必ずやっておきましょう。

⇒auのSIMロック解除のしかた

auの人はSIMロック解除をせずに格安SIMに申し込んでしまって、いざSIMカードをさしても使えないというトラブルをよく聞きます。

au解約後のSIMロック解除は有料なので注意です。

SIMロック解除を済ませた人は、こちらに格安SIM各社の特徴をまとめたので、良い会社を探してみてください。

【2019春】格安SIM・格安スマホおすすめ比較ランキング

今話題の格安SIMですが、格安SIMを提供する会社は、現在900社以上あるといわれています。 900社!?そんなにあるな ...

まとめ

auのVoLTE対応端末はSIMロック解除をして、対応する携帯会社とSIMカードを選べば格安SIMで使うことができます。

SIMロック解除はau契約中なら無料でできます。auを解約した後は有料になったりできないこともあるので、乗り換える前に、auを解約する前に忘れずにやっておきましょう。

⇒auのSIMロック解除のしかた

VoLTE対応ではない端末をお持ちの方は、残念ながら2022年4月以降使うことができません。

でもまだ時間はありますし、しばらく様子を見てもいいと思います。

VoLTE対応だった人も、そうではなかった人も、自分にあう方法が見つかるとよいですね。

auの3Gサービス終了で携帯が使えなくなる人におすすめの対処法

auから格安SIMに乗り換える注意点と手順を全部まとめ

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-auから乗りかえ

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.