auから乗りかえ 比較

auから乗り換えに最適な格安SIMはどれ?UQモバイルとmineo、IIJmioを比較!

投稿日:3月 21, 2017 更新日:

現在auでスマホを契約していて、このスマホをそのまま格安SIMに乗り換えてからも使いたい。そんな時に、乗り換え先は一体どこにすればいいのか迷いますよね。

格安SIMにはたくさんの種類があるため、どれを契約すればいいのかわからずに困ってしまうものです。

au回線を使用している格安SIMを契約すれば、auのスマホをそのまま使えます。

今回はau回線を使用している3つの格安SIMを比較し、一体どこを選べばいいのかについて説明します。

au回線を使用する格安SIMは4社

au回線を使っている格安SIMは、これらの4社です。

au回線を使っている格安SIM

UQモバイル
mineo(マイネオ)
IIJmio(アイアイジェイミオ)
Fiimo(フィーモ)

auのAndroidスマホやiPhoneを持っている場合は、基本的にはこの4社の中から選んで契約することになります。

2015年5月以降に発売されたスマホは、『SIMロック解除』をすればどこの携帯会社でも使えるようになりました。

しかしAndroidスマホの場合は対応している電波が違うため、au回線を使っている格安SIM以外の契約はおすすめできません。SIMロックを解除してSIMは認識できても、通信や通話はできない可能性があります。

端末によって対応している周波数はまばらですし、auスマホはドコモ回線を使っている格安SIMのウェブサイトの「動作確認済み端末」一覧に乗っていないことも多いです。

ただし、iPhone6s以降は例外でどこの格安SIMでも使えます。iPhone6s以降のアイフォンはSIMロック解除に対応していますし、対応している電波も多いからです。

auから乗り換え比較

iPhoneの6s以降の場合は、SIMロックさえ解除すればどこの格安SIMでも使えるから、この中以外の格安SIMでも乗り換えは可能だ!

今回はau回線の格安SIM4社のうちUQモバイル、mineo、IIJmioの3社のサービスや月額料金を比較します。

auから乗り換え比較
え、なんでフィーモだけ仲間外れなの?

auから乗り換え比較
フィーモはmineoとほぼ同じネットワークが使われているわりにサービス内容が少ないから、正直選ぶ必要性があまりない…

auから乗り換え比較
シビアね。

それでは早速、UQモバイルからチェックしていきましょう。

UQモバイルは、通信速度の速さが魅力

UQ(ユーキュー)モバイルは通信速度の評判がとても良い格安SIMです。

テレビCMも頻繁に放送されていますし、気になっている人も多いでしょう。UQモバイルは現在、以上4種類のプランが展開されています。

UQモバイルのプラン


・データ高速プラン

・データ無制限プラン

・ぴったりプラン

・おしゃべりプラン

それぞれのサービス内容について、簡単にまとめました。

プラン名通信量音声SIMの月額料金特徴
データ高速プラン3GB1680円無料通話なし
データ無制限プラン無制限2680円速度は500kbps
ぴったりプラン1、3、7GB2980〜5980円無料通話あり、1年目は月額料金1000円引き
おしゃべりプラン1、3、7GB2980〜5980円5分かけ放題あり、1年目は月額料金1000円引き

ぴったりプランとおしゃべりプランはちょっぴり複雑なので、気になる方はぴったりプラン・おしゃべりプランを解説も読んでみてください。

ちょっと割高だが、データ高速プランなら安い!

テレビCMなどで話題になっているのは、ぴったりプランやおしゃべりプランです。無料通話か5分かけ放題が付いているので、もしも通話をする機会が多いのならばこれらのプランを選んでも良いでしょう。

ですが今回紹介するmineoやIIJmioに比べて、これらのプランはちょっと割高です。

ぴったりプランやおしゃべりプランでももちろん、auに比べると半額以下にまで月額料金は抑えられます。とはいえ格安SIMを契約する理由といえば、やはり月額料金を抑えることでしょう。

その点データ高速プランなら、他の格安SIMと月額料金にほとんど差がありません。

データ高速プランはデータ量が3Gのみで通話付きSIMなら1600円という選択肢の少ないプランとなります。

ですが通話をあまり使わないし3Gで充分という方にとっては、1600円でau並みの速度を使えるお得で快適なプランなのです。

UQモバイルは通信速度が速い

UQモバイルは、通信速度が他の格安SIMに比べて高速であることも特徴です。

今回他に紹介するmineoやIIJmio、特にmineoに関してはお昼に通信速度が下がってしまい、動画やネットサーフィンはしづらくなってしまいます。

しかしUQモバイルでは、お昼になっても全く問題なく通信を行えます。auと同じくらいの体感速度で使いたい人には、UQモバイルがおすすめです。

UQモバイルの公式サイトと詳細はこちらです。

 

mineoは、500MBから30GBまでプラン数が多い

mineo(マイネオ)は、ドコモ回線のSIMカードとau回線のSIMカード両方を提供している格安SIMです。auのスマホをそのまま使う場合は、au回線を使うAプランを選びましょう。

mineoのau回線における月額料金をまとめました。こちらの表をご覧ください。

通信量月額料金
500MB1310円
1GB1410円
3GB1510円
5GB2190円
10GB3130円
20GB4,590円
30GB6,510円

mineoは月額料金が安く、プランの数が多い

mineoを選ぶメリットは、UQモバイルやIIJmioと違ってたくさんのプランがあることです。月ごとに契約する通信量を変更することもできるので、これは便利ですね。

料金的にはあまりお得ではありませんが、500MBや1GBといった小容量のプランを選べるのも嬉しいです。

mineoは10分かけ放題を契約できる

mineoでは、10分かけ放題のオプションを月額850円で契約できます。かけ放題が10分は長くてうれしいですね。

別料金オプションなので、3GBプランで契約すれば月額料金は合計2360円になります。UQモバイルで3GBの5分かけ放題があるプランを契約すれば、月額料金は3980円(1年目は2980円)。mineoの方が安上がりです。

通信速度が不安定な時間帯がある

mineoの通信速度は、UQモバイルやIIJmioに比べると変化しやすいのが難点です。

特にお昼時になると、通信速度は一気に落ちます。LINEやメール程度なら問題ないですが、ネットサーフィンや通信ゲームであれば快適とは言えない状況が、12〜13時ごろまで続きます。

お昼時にWi-Fi環境がない場所で通信を楽しみたい、学生さんや社会人の方にとっては不向きかもしれません。

auから乗り換え比較
お昼時は学校や会社、喫茶店とかのWi-Fiを使えば問題ないってことよね。

auから乗り換え比較
そうだな、格安SIMは公共のWi-Fiをうまく利用することで、速度も快適だし料金も安くなってお得だぞ!

マイネオの公式サイトと詳細はこちらです。

 

IIJmioは家族で通信量をシェアできるのが便利

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、長い間ドコモ回線の格安SIMを提供してきました。

しかし2016年秋頃より、au回線のSIMも販売するようになりました。料金は以下の通りです。

通信量月額料金
3GB1600円
6GB2220円
10GB3260円

IIJmioは、家族で通信量をシェアできる

IIJmioでは、3、6GBプランなら1枚、10GBプランなら9枚までSIMカードを追加することができます。そして通信量を共有することができるのが便利ですね。

家族それぞれ別々に格安SIMを契約するよりも数百円ほど月額料金が安上がりになりますし、契約もまとまってわかりやすいのがメリットです。

IIJmioはかけ放題が2種類存在する

IIJmioでは、かけ放題オプションが2種類で展開されています。

内容月額料金
家族と10分、誰とでも3分かけ放題600円
家族と30分、誰とでも5分かけ放題830円

家族との通話が長めに行えること、月額料金が安価なことがメリットです。このことからも、家族での利用に最適な格安SIMであるとわかりますね。

IIJmioは「VoLTE対応スマホ」でしか使えない!

IIJmioのau回線プランには、一つ大きな注意点があります。それは、「VoLTE対応スマホ」でしか使えないことです。

そもそもVoLTEとは何かと言いますと、対応している端末同士なら高音質で通話ができるオプションサービスのことです。

2014年ごろから、auのスマホにはVoLTEに対応しているスマホが登場し始めました。つまり2014年よりも前に発売されたスマホは、IIJmioでは使えません。

さらにVoLTE対応のスマホをIIJmioで使う場合は、今使っているスマホの「SIMロック」を解除する必要があります。

つまりIIJmioは使えるスマホが少なく、使えるようにするまでにも手間がかかります。

auからのりかえ
私が今使っているスマホがVoLTE対応かわからないわ。

auからのりかえ
auのVoLTE対応機種と対応SIMカード一覧まとめで、今使っているスマホがVoLTE対応かチェックしてみてくれ!
ちなみにUQモバイルやmineoでも、VoLTE対応ならSIMロック解除は必要だから注意してほしい。

IIJmioの公式サイトと詳細はこちらです。

まとめ

UQモバイル、mineo、IIJmioのサービスについて、それぞれ解説しました。どれも魅力的な格安SIMですが、注意点もそれぞれにありますね。

auから乗り換え

UQモバイル→速度が速いものの割高なプランが多い

mineo→プランの多さや月額料金の安さが魅力だが、通信速度はちょっと不安定かも

IIJmio→家族での利用に最適ですが、「VoLTE」に対応したスマホしか使えない

一番速度が速くて安いのはUQモバイルのデータ高速プランです。UQモバイルのデメリットである月額料金の高さはこのプランのみ例外になりますし、速度は高速です。

ただし通話をすることが多い場合、UQモバイルのデータ高速プランでは高くついてしまうでしょう。通話をよくするなら、mineoやIIJmioでかけ放題をセットで契約するのがオススメです。

自分の使い方で、合うプランを選ぶとよいですね。

auから格安SIMに乗り換える注意点と手順を全部まとめ

マイネオの評判は?口コミ・料金・保証、契約のしかたも完全解説

人気の記事

1

最近はドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯会社のCMをよく見かけますね。 格安SIMって安いって言うけど、今使っている携 ...

2

格安SIMや格安スマホは速度が遅いとか、故障のとき困るとか、そういった話をよく聞きます。 良くない話を聞くと、乗り換えて ...

3

格安SIMは最近よく知られるようになりました。 だけど周りに持っている人がいないと、実際どうなのかわかりませんよね。 ち ...

-auから乗りかえ, 比較

Copyright© なとすま , 2019 All Rights Reserved.